プロフィール

Author:まつお‐K
FC2ブログへようこそ!

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
妻板工作の続きです。

連結器周りの構成です。004_20160929154431fe6.jpg
連結器は3枚曲げ重ねて半田を全体に流した後、プライヤーで中央部を咥え、軽~くへの字に曲げておきます。

救助網の台座は、中央の溝の部分に外径0,8のパイプを半田付けします。008_20160929154440821.jpg
パイプの長さは上端は台座天端合わせ、下端は妻板裾合わせとなりますので、写真の様に下は長めにしておいて最後にヤスリで調整が良いと思います。
連結器脇のボルトは、エッチングの都合上 凹モールドになっているので気になる方は、穴を開けて線材を差すのも良いと思います。

前面にラジエターが付くのですが、枠状の台座にもRが付いてしまっているのでそのままだと浮いてしまいますので写真の様にヤスリで平面にしておきます。(下の部分はアバウトでも、最終的に上に貼り付けるパーツで隠れます。)006_201609291545439b4.jpg


ラジエターを貼り付け後、妻面に合わせたRを付けた連結器のベース板に連結器・救助網台座を半田付けし、最後に妻板に半田付けして妻板は完成です。009_2016092915451222d.jpg

書き忘れましたが、窓枠は妻面のRに合わせて曲げた後、隙間が出来ない様に多目の半田を全体に流しました。
ヘッドライトはエコーのお椀型をステー部を薄く削って取付ました。
2016/09/30(金) 17:08 | コメント:0 | トラックバック:0 |
それでは、組立を紹介させて頂きます。

妻面にRが付くとはいえ、オーソドックスな箱型車体ですので四面を組み合わせて箱にするのは大して難しくは有りません。

ただ、その四面(妻板・側板)を作るのに少しだけ手間と丁寧な工作が必要となります。

部品構成です。003_2016092915014973d.jpg
004_20160929150200b5a.jpg
部品の切り離しでは、いつものようにあらかじめランナー各所を切り離し部品にストレスを掛けない様に注意をします。
(特に側板のシル・ヘッダー部品はエッチングされて更に薄くなっていますので要注意です。)

側板の組み合わせでは、細く薄い窓周りにも点着けで構わないので半田で接着しておきます。
妻板表面のシル・ヘッダーもきっちりと半田を流して接着しておきます。
ドア下ステップの曲げ重ねもしてきます。005_20160929150209850.jpg
妻板は裏側に窓枠を貼る前にRを付けておきます。



2016/09/29(木) 15:39 | コメント:0 | トラックバック:0 |
一年振りの更新です

今年もこの時期となりましたので今年のエッチング板の紹介をさせて頂きます。

『南筑軌道 2』として標記される単端式気動車です。

今年も製造は『アルモデル』さんに依頼をしました。
(テストショットを組立てた写真は軽便祭の公式ブログに有ります。)

製品版の板はこんな感じです。
今回も専用動力を用意して有りますが、板にはBトレ動力を使う場合のパーツも入れて有ります。
001_201609280905004c9.jpg

見ての通り、開口部が多くて板として弱い! 袋詰めに注意しないと
2016/09/28(水) 09:18 | コメント:1 | トラックバック:0 |
『第11回 軽便鉄道模型祭』 が終わって2週間が経ちました。

ご来場頂いた皆様、ご出店・ご出展頂いた皆様本当にありがとうございました。

”終の棲家”といっていた目黒『さつき会館』が使えなくなり、場所を人形町『綿商会館』に移しての初めての開催でした。

さつき会館が使えなくなる事は、1年半前(第10回の会場予約時)に判明していたので、実際のトコかなり早い時期から会場の選定を始めていました。
最終的な候補地としてJR浅草橋駅近くと綿商会館。JR駅からのアクセスが出来るという事で浅草橋も候補に残ったのですが、近隣の駐車場事情等を考慮して人形町に決めました。
綿商会館自体、結構古い建物ですがリニューアル工事を済ませているお陰で比較的綺麗な会場だったと思います。カーペット敷きの床も多少ですが脚への負担軽減にもなったと思います。
色々ご意見はあるかと思いますが、次回も綿商会館でお世話になろうと思っています。

あらためて、軽便祭は参加者皆で作っているんだなぁ~と思います。
事務局メンバーとはいっても出来る事しか出来ないんで、出来ない部分はやはり仲間に協力して頂きながら(半ば強制?)やっています。
例えば、前日の軽便讃歌終了後の会場内テーブルの並び替えだったり、当日のIDカード作成、前日お預かりした商品や作品の管理、エッチング板の袋詰め等々・・・。
そんなこんなで僕らの至らないトコ多々有りましたが何卒ご容赦下さい。

今回頂いた意見の中で、
『業者の販売品を宅配業者を使って会場預けに出来ないか?ソレが出来る様になれば出店したいという業者がいる・・・。』という事でした。
僕個人の意見としては、どうなんでしょうかねぇ~。  
お預かりするというのは、やはり責任が発生します。 
今現在でも事前に申告して頂いた物に関しては、ご自分での持ち込みが原則ですが時間等の制約を設けた上でお預かりしています。 コレが宅配業者との対応となれば、それなりの新たな対応が必要になりますし、時間的にもルーズになりかねません。軽便讃歌が始まれば僕も参加者の一人になります。
今までもそのルールでやってきましたので、それで良いんじゃないかな? 
そこまで門戸を拡げて新たな業者さんに参入して頂く必要有るのかな?
良い子ぶる様ですが、今まで軽便祭にご参加頂いた方々を大切にして行きたいと思っています。

誤解の無い様に書いておきますが、新たな業者さんを入れない!という事では有りませんからね。

9月末頃に出店したいという連絡を頂いた業者さんがありました。 お名前はは伏せますが、個人的には面白い!と思いましたがお断りさせて頂きました。 やはりコレもルールに則って頂いた業者さんがいらっしゃるからです。ポスターも出来上がっていましたからね。
次回是非!と思っています(個人的に。)


個人的に今年は、色々有りまして・・・。
とどめは、9月10日の『常総市の豪雨水害』 決壊した常総市三坂の現場から真東に3㌔程のトコに住まいが有ります。 報道には出ませんでしたが鬼怒川と小貝川の間には八間掘川という細い川が有ります。細いとは言ってもちゃんと土手を備えており、この土手が僕の住む地区を大きな被害から守ってくれたようです。 古くからの集落で、地区全体が多少高くなっていたという事も被害が軽く済んだ理由でしょう。 家は僅かな床下浸水で済み、翌日から片付けに入れました。 被災当初は正直祭自体に参加出来るのか?そんな状況でしたが不幸中の幸いでした。


今年もギリギリになってしまった『DC102』の製品版をあらためて組んでみました。
002_20151019081303557.jpg
001_2015101908125304f.jpg
”板だけでもココまでは作れます!”(線材すら使ってません。)という事でご覧下さい。
屋根上のハッチは、コレぐらいガバーッ!と開けるのが正解! 製品版は、黙っていてもこの角度になります。ハッチを開ける場合は写真の通り外周が縁取りされたパーツを使って下さい。
厳密に言うと、床下部分はテストショットなんでスペシャルパーツが奢られています。ちなみにコイツの行き先は・・・。

去年の『DC103』に続き2匹目の何とかを狙ったんですが、意外とうけなかったですねぇ~。 完売とは行きませんでした。 チラホラと事務局宛に販売希望のメールが届いていますが、残り分は来年も受付で販売しますのでよろしくお願いします。



なんか時期を逸して纏まりの無い文章になってしまい申し訳有りませんが、今回のお礼と次回もよろしくお願いします。という事で。




2015/10/19(月) 11:24 | コメント:4 | トラックバック:0 |
唐突ですが完成です。
008_201510011014414fc.jpg
009_20151001101450696.jpg
ナンバープレートと社紋は赤、メーカー銘板には黒を差して乾燥後表面にペーパーをあてて文字部を磨きだしました。


余計なお世話かもしれませんが、幾つかアドバイスを・・・。

ドアハンドルやワイパー等、銀色になる部品は、塗装では無く半田メッキで代用しています。
001_20151001101509377.jpg
ちなみにワイパーの残り等は、取っておくと他の車輛の工作に重宝します。

ヘッドライトやテールライトはシルバーを色差しした後、レンズ部分は、エポキシボンドで作っています。
表面張力を利用してこんもりと盛り付けます。失敗しても硬化直前に爪楊枝等でほじれば綺麗に取れますのでやり直せます。
テールライトは、クリアレッドをレンズ表面に塗ります。 凹んだ部分に黒を流して完成です。

意外と面倒臭いのが窓セル貼りです。特に妻面の中央!
これは、組立てる前に妻板内板の開口部を定規代わりにして窓セルを切り出しておけば段差部にピタリと収まる窓セルとなります。接着は、四隅にエポキシをチョンチョンと点付けです。毛細管現象で気持ち流れてくれますので強度的に問題無いです。滲み出たものは、やはり爪楊枝(ナイフ等で先を尖らせておくと良いです。)で除去します。

金属の接着には絶対半田!という至上主義に陥らず適材適所で接着剤を利用するのが良いと思います。
ちなみに僕が愛用しているのはウェーブ製2液混合の物です。


あらためて言いますが、エッチング板は素材ですからそれぞれ創意工夫しながら組上げるのが楽しいと思います。
基本的な工作は、去年のDC103と変わらないので難しくは無いと思います。

今年の軽便祭記念エッチング板をどうかよろしくお願いします。
今年も売り切れますように・・・。
2015/10/01(木) 10:57 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。