プロフィール

まつお‐K

Author:まつお‐K
FC2ブログへようこそ!

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
それでは、台枠の組立から紹介します。
最初の記事で書いた通り、表板は2種から選択できます。

先ずは基本部分の全パーツです。002_20170909095829aa5.jpg

この他に、凸型に使用するステップや『アルカトウ』同様にSKWの陽刻入りの軸受蓋部品とKD化する際のカプラー台部品等が有ります。
*尚、この写真のステップ部分のボルトは 『アドラーズネスト製 6角ボルト SSサイズ』でデティールアップしてあり、元の部品状態は凹モールドとなっています。

僕は、台枠部品を重ねる際は、写真の通り完全に曲げてからではなく、若干曲げた状態で貼り合わせています。軸受蓋を貼る際にピンセット等で押え易くなります002_201709091000397fe.jpg

ステップ部はこんな構成になります。003_201709090959545c1.jpg

エンドビーム部のR曲げはホゾ組みした後に、爪楊枝等でエンドビームのカーブに密着させる様に押え付ければRは合わせられます

ステップ部分を半田着けする際は、多目の半田をコテですくい、各部に流れる様に長めにコテをあてるのがコツです。
(火傷には注意して下さいね

台枠が組み上がった後で、再度ステップの櫛部分の合わせ目に半田を盛り付け、ヤスリで整えます。008_201709090958581fa.jpg

この一手間で鋳造部品っぽくする事が出来ます009_20170909095907875.jpg
006_20170909100004722.jpg


台枠の完成です!




2017/09/09(土) 10:52 | コメント:0 | トラックバック:0 |
少しフライング気味ですが、始めます。
板の現物が未だなので図面でご容赦。

まづは、今年の板の全容です。image1.jpg

部品がごっちゃり!
素晴らしい! 正しいエッチング板はこうでなくちゃなりません。
良いエッチング板は、手にした時に意味の解らない笑いが出るものなのですよ!

それではパーツの説明をしておきましょうかねぇ~。

image2.jpg
左上にキャブの妻板が5枚並んでいます。
左から『千頭L型後用』、『三塩後用』、『千頭凸型・三塩前用』、『千頭凸後用』、『千頭L型前用』となります。
(自分で書いてて解らなくなります

キャブ下の丸い部品は、重ねてエアクリーナーの外付けケースとボンネット上のカバー用です。
1・2・3は順番に重ねて凸型用のケース。 4はカバー用です。

ヘッドライト用のステーもオマケとして入れました。

ボンネットは、短いのと中くらいのが凸型用、長いのが三塩/千頭L型用です。

ドアは、幅狭が凸型、幅広がL型です。
尚、千頭L型は上側のレール後を下側に合わせて切除して頂く必要が有ります。

image3.jpg
中央右寄りの窓枠ですが、中桟有りの4枚窓が凸型・三塩用。2枚窓は千頭L型用で上下寸法が広いので基本的に専用部品です。

右上の台枠表板は、陽刻違いで2種類。
『SAKAI WORKS』は基本凸型用でステップ用の取付穴が開いています。
中央に『SKW』の〇マークが入っている物が三塩/千頭L型用です。

キャブは3種類。
短いキャブが凸型用。
長いキャブで側窓有りが三塩、側窓無しが千頭L型用です。
ドア等の開口部には、軸受の蓋、台枠ステップ、凸型用銘版、用途が解り辛いですが、側窓塞ぎ板も入れました。

image4.jpg
右下の屋根板3枚。
凸型用は小さいので一目瞭然ですが、
大きい方は、若干解り辛い。幅が少~しだけ狭い一番右が屋根の薄い千頭L型。左が深屋根の三塩用です。

中央寄りには、台枠関連のパーツ。 過去の祭板、鋳鋼台枠機や『アルモデル』製品の鋳鋼台枠機と基本構成は同じです。
注目して頂きたいのは、1/87製品で初めてエンドビームをR曲表現にして貰いました。従って縦の細かい曲げ筋が入っています。

image5.jpg
左下にはラジエター関連。
古いタイプと新しいタイプを作り分けられる様にしました。古いタイプが凸型/三塩。新しいタイプが千頭L型となります。
板表面にある番号1・2を使うと古いタイプ、①・②を使うと新しいタイプのラジエターが作れます。その他は共通です。

枠状のパーツは、L型の後妻窓枠。狭い三塩と広い千頭用で、二つ折りにして妻板表面に貼り付けます。

プロテクターは、2種類。U字型の出っ張りの有るタイプとフラットなタイプの2種類。
不明瞭ですが、写真資料を見ますと凸型はU字型の物みたいですが、お好みで!


こんなとこかなぁ~。
オマケパーツとして、今回のプロトタイプでは使いませんが酒井の砂箱蓋2種類、ピン・リンクや先程説明したライトステーや窓の塞ぎ、エッチングの都合上凹表現になったプロテクターのステー等・・・。
今回の板では、手摺のパーツ化はしませんでした。
いつもの様に、穴開け等が必要と思われる個所には裏ポンチ、屋根Rのジグも入れて有ります。

かなり欲張った内容で、偉そうですが、一モデラ―として僕が考えるバリエーションキットの理想かなぁ~
商売で考えると、不経済かもしれませんが、あくまでユーザー目線で考えました。
(設計のアルモデルさんには大変なご迷惑を・・・

以上の説明で、
「もしかしたら1枚で2台ぐらいつくれるんじゃね?」
と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、基本となる下周りパーツが1台分しかありませんので、あくまで1枚で1台しか作れませんので悪しからず

”売る!”という事を考えると、やっぱり特定機になってしまいます。
特定機に拘らないで模型を楽しんでいる方に対しても僕なりに足りない脳ミソを駆使して配慮したつもりです。

是非とも2枚・3枚と複数買いをされる事を自信を持って、声を大にしてお勧めします!

2017/09/06(水) 12:07 | コメント:0 | トラックバック:0 |
今年のエッチング板紹介の最終回です。

実は、毎度ピンの甘い紹介記事内の写真ですが、試作版と製品版が入り混ざってました。
窓周り・ラジエター周り・ヘッドライト位置等言わなけりゃ解らない程度の物なのですが写真が混ざってるという事は、製品版も組んでる訳で・・・。

001_20161007083850555.jpg
僕のイメージでは コレ! なんですよねぇ~。
塗装が風化してチョロチョロ剥がれていて・・・みたいな。

最近チッピングと言いますか、この手の塗装が剥げた表現をよく見かけます。正直、鉄道模型にはどうなんだろ?という気もするんですが、やってみました。
前回の014_201610051738165f6.jpg
までは同じです。この後車体内側だけをマスキングして、表側にライトグレーを、連結器・ラジエター等に銀を適当に吹き付けます。適当にです!ムラとか御構いなしに!
乾燥後、シリコンゴム等の離型剤『バリアコート』を筆で適当に塗りたくります。ちなみにこのバリアコート、速乾性で適当に塗ってもそれほどムラになりません。塗り終ったら、ブラシを準備して黒を吹きつけます。
吹き付けた黒が乾燥したら、1000番程度のペーパーや爪楊枝等で剥がしたい部分を表面のニュアンスを見ながら軽~く擦ってあげます。すると表面の黒だけが剥がれてくれます。面白がって剥がし過ぎた場合は、再度黒を吹き付けたり、退色加減をグレー等を吹き付けて調整します。 
本当は、屋根も鉛丹色を塗った上に同じ事をすれば良かったのですが、後の祭でしたので屋根裾中心にグレーを筋状に吹くのに留めました。
下周りは、埃色?を強めに吹いて2輌目も終了です。

最後の最後に一点!
専用動力の場合どうしてもリアヘビーとなってしまいますのでボギー台車側に補重した方が良いと思います。
僕はちょいとお遊びで、『アルモデル』さんの『A型ボンネット』を若干小さく削って床板上に貼り付けてみました。006_20161007100246b5e.jpg

南筑軌道というと、どうしてもブタこと石油発動車が浮かびます。模型製品でも『杉山模型』さんや仙台の『今野さん』が素晴らしい模型製品をリリースされました。 

『ブタの隣に欲しいよね!』

と思ったら、いや思わなくても是非お買い求め下さい。 
手前味噌ですが、祭のエッチング板は、毎回作る側の目線で色々なアイデアを盛り込んでます。

今年の祭には、今話題の『トミーテック』さんがメーカーさんとして初めて祭に出店されます(販売は無いと伺っています。) ナロー模型入門として近々発売になる『猫屋線』等の完成品をお求めになるのも良いですが、一歩踏み出してキット工作の入門に是非記念エッチング板をお求め頂きたい!

そんな事を思いながら終わります。

それでは、『第12回 軽便鉄道模型祭』 人形町でお会いしましょう。
2016/10/07(金) 09:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
塗装前最後の工作として救助網を台座に半田付けしました。

洗浄・脱脂の後、プライマーを全体に吹き付けます(プライマーは撹拌せずに上澄みを使います!)

最初に、室内色。木地色としてデッキタン等の色を全体に吹き、室内及び窓枠中心にクリアーオレンジ(好みでクリアーイエローでも。)を吹いてニス色?としました。014_201610051738165f6.jpg

車体表面の窓枠周りと内側全体をマスキングし黒を、屋根にはアクセントに鉛丹色を吹き付けました。
全てのマスキングを外し、下周りを中心にグレー系の色を軽く吹き付け、窓セルを貼って完成です。015.jpg
017_20161005173857876.jpg
016_20161005173847a98.jpg
2016/10/06(木) 11:47 | コメント:0 | トラックバック:0 |
下周りの紹介もしておきます。

今回も専用動力がアルモデルさんの方で用意されていますのでそちらを紹介します。

一軸の動力ユニット自体は組立済みで、床板にビス止めするだけですので説明はしません。

床板を含めた台車関係一式はこのエッチング板1枚に入っています。008_20161005092657213.jpg
見た目一瞬、うわっ!とか思うかもしれませんが、オマケ部品や細かいパーツの予備の他は折り重ねる部品も多いので使う部品を板から外してみると意外と少ないと思います。

最初に床板に台枠とボギー台車のボルスターを貼り付けます。
台枠には補強リブと駆動軸側のダミー軸受を貼り付けます。尚、全てホゾ組みになっていますので難しくはありません。013_20161005092713bdc.jpg
(正直小さなリブ部品を左右合わせて12個付けるのは面倒ですが、一つずつやれば終わるんで

下周りのデティールアップとしてプロペラシャフトを1㎜の線材、排気管を0,8㎜の線材にパイプ芸で作りました。014_20161005092725d51.jpg
シャフトは床板のボルスター直下に使わない穴が開いてますので、そこへ1㎜のキリを斜めにグリグリやりながら差し込んで半田付け、長さと角度は動力ユニットのギアボックスと調整します。
排気管は取り回し等は解りませんので、写真資料を見て現物合わせとしました。ちなみに床板のアルモデルのロゴ脇に穴を開け、先端をここに差し排気管のタイコ部分とで半田付けして有ります。001_201610050927478da.jpg

ボギー台車も折り重ねとホゾ組で組立て、挽き物の軸受を半田付けして終了です。集電用のラグを折り曲げた後、塗装、乾燥後軸受内側と集電ラグ先端の塗装を剥がします。002_20161005092756cd3.jpg台車の組立は車輪を嵌めて絶縁用のシールを張り付けたベース板にプラビスで固定します。
写真下の丸いパーツは、動輪の輪芯です(黒を吹くついでに。)

今年の板は、ある意味オーソドックスな構成なのであまり書く事ないなぁ~

後は、塗装です。
2016/10/05(水) 10:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。