プロフィール

まつお‐K

Author:まつお‐K
FC2ブログへようこそ!

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
288.jpg
289.jpg

今回レストアがなり、お披露目となった『MC14』
先日書いた通り、好きな車輛で今回の木曽行きの大きなモチベーションの一つでした。 残念ながら”すぐそこに有る”のに間近で細かく見学する機会には恵まれませんでした(泣)
しかし、エンジン音を響かせながら大勢の体験乗車客を乗せて元気に軌道を往復する姿は、僕的には感動的でした。

実は『MC14』が木曽谷へ里帰りした当日に偶然居合わせました。 滝越のロケハンの時だったか? 第1回の林鉄フェスの下見の時だったか?・・・。
滝越に向かって乗用車を走らせているとトンネルを滝越方面から飛び出して来た『りんてつ倶楽部』メンバーの方が運転するトラックの荷台に積まれていたのです。

「あっ、14番だっ!」

思わず声がでてしまいました。すれ違いざまでしたが、その後『も~気になって、気になって・・・』(笑) 
当時はまだ『田島停車場』跡地で皆さんが保存活動をされていました。

滝越方面から下りて来て田島に着き、足早に『MC14』へ向かいました。トラックから降ろされた『MC14』は、車体の各所を細い鉄筋で補強されて、錆だらけで、所々黄色く塗られ・・・今にも崩れそうな状態でした。

「まだ内緒だよ!」(ニヤリ) なんてメンバーの方と話した記憶も・・・(^^)

まぁ、そんな状態だったMCが、こんな状態に直った訳ですから感慨深いです。

ただねぇ~模型と実写は印象が違いました。残念ながら・・・(><)



もう一つのモチベーション『B型客車』も忘れてはいません!
滝越に置いて有った車体を下ろしてきて、レストアした台車に載せた。という話は皆さんご存知の事です。
何と言っても”上から下まで本物!”です。

当日も大人気で、聞くところによると体験乗車の整理券は早い段階で無くなったそうで・・・ って事は

『僕らは乗れないの?』

そんな声をKMCメンバーのU太さんが実行委員会に掛け合ってくれて、なんと一般公開終了後にスタッフ専用列車を走らせて貰える事になりました(良かったー!)
陽が傾きかけた夕方、タイフォンを鳴らしながら列車はやって来ました。満員の乗客を載せて! スタッフといて大活躍された『りんてつ倶楽部』の皆さんです。 
『我々もモジュール見てない!』
そんな事で、スタッフ全員集まって記念撮影の後、『りんてつ倶楽部』の皆さんに留守番をお願いして、僕らはB客に乗り込み往復1,5㌔の体験乗車に向かいました。
当時もそうであったであろう”スパルタンな乗り心地”を堪能する事が出来ました。車体の軋む音も耳に心地良く・・・ 

『M澤さんの新日本紀行が聞きてぇ~』

思わず感傷に浸っちまいました(笑)

308.jpg
309.jpg

名残は尽きなかったのですが、列車は『りんてつ倶楽部』の皆さんを載せて長~いタイフォンを木曽谷に響かせて帰って行きました。(う~ん、何か良いなぁ~笑)


この後管理棟内では大忙しの撤収が始まり、終わった頃は僕ら以外誰も居ない・・・本当の真っ暗闇でした



  
スポンサーサイト
2010/10/14(木) 11:48 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。