プロフィール

まつお‐K

Author:まつお‐K
FC2ブログへようこそ!

 
先ず最初にお詫びを・・・。

祭直前の1週間程仕事が忙しくなったお陰で、工作記事を完結する事が出来ませんでした。
申し訳ありませんでした


前回の記事で、生地完成の写真までは載せて有りました。

何人かの方から旧型ラジエターの給水口や使用したヘッドライト等の質問を頂きましたので、ココで紹介しておきます。

以前さらりと給水口の部分に、アドラーズネストのキノコ型通風筒を使うと書きましたが、写真を載せておきます。
差し込みの穴径を調整しておき(下穴は開いています。)、挽物部品を差し込んでから蓋の部品まで一度に半田を流してしまいます。image7.jpg

ヘッドライトについてですが、現時点で一番安定して入手できるエコーモデルさんの『お椀型ヘッドライト』を小加工して取付ました。
屋根上に飛び出た○穴のあいた部分をピンセットやプライヤー等でL字に(地面と水平方向に)曲げます。image1_201709291633509d0.jpg

エコーのお椀型ライトは、首の部分が長いので、爪切り等薄刃の物でライトステーギリギリに切り離します。image2_20170929163402efd.jpg

切り離したライトの首部分を曲げたライトステーの〇穴に差し込んで半田付けしました。

千頭L型の様に妻板にライトを付ける場合は、首の部分が邪魔だったので、やはり同じように一旦切り離してから、ステー部分に穴を開け直して差し込み直して使っています。
やはり、使う部品によってそれぞれ創意工夫して、頑張って下さい


かなり大雑把工作紹介になってしまいましたが、こんなトコでしょうか?

今回の板は、曖昧な工作を極力しないで済むように配慮したつもりです。

塗装については、何人の方にも伺ったのですが、明確な情報は得られませんでした。
要は、趣味者の中で上部軌道まで上がった者なんてそうは居ない!
という事なんだと思います
ただ、千頭森林鉄道の2輌関しては、塗分線までは確認出来ました、僕の塗装例を載せておきますので参考にして下さい。image1_20171002132051d49.jpg
image2_20171002132102559.jpg
image3_20171002132113dd2.jpg

オレンジ色は東京営林局の基本色らしいです。
塗料は、湘南色、スカ線クリーム等、調色せずそのままの色で塗ってあります。


今回の板は何から何まで西裕之さんにお世話になりました。
西さん居なかったら間違い無く無理でした!

設計・製造のアルモデル 林社長には例年以上の無理難題を吹っ掛けましたが、卓越した発想力で全て解決して下さいました。

あらためて御二方に感謝申し上げます。
スポンサーサイト
2017/10/02(月) 14:29 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード