プロフィール

まつお‐K

Author:まつお‐K
FC2ブログへようこそ!

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
今年のエッチング板紹介の最終回です。

実は、毎度ピンの甘い紹介記事内の写真ですが、試作版と製品版が入り混ざってました。
窓周り・ラジエター周り・ヘッドライト位置等言わなけりゃ解らない程度の物なのですが写真が混ざってるという事は、製品版も組んでる訳で・・・。

001_20161007083850555.jpg
僕のイメージでは コレ! なんですよねぇ~。
塗装が風化してチョロチョロ剥がれていて・・・みたいな。

最近チッピングと言いますか、この手の塗装が剥げた表現をよく見かけます。正直、鉄道模型にはどうなんだろ?という気もするんですが、やってみました。
前回の014_201610051738165f6.jpg
までは同じです。この後車体内側だけをマスキングして、表側にライトグレーを、連結器・ラジエター等に銀を適当に吹き付けます。適当にです!ムラとか御構いなしに!
乾燥後、シリコンゴム等の離型剤『バリアコート』を筆で適当に塗りたくります。ちなみにこのバリアコート、速乾性で適当に塗ってもそれほどムラになりません。塗り終ったら、ブラシを準備して黒を吹きつけます。
吹き付けた黒が乾燥したら、1000番程度のペーパーや爪楊枝等で剥がしたい部分を表面のニュアンスを見ながら軽~く擦ってあげます。すると表面の黒だけが剥がれてくれます。面白がって剥がし過ぎた場合は、再度黒を吹き付けたり、退色加減をグレー等を吹き付けて調整します。 
本当は、屋根も鉛丹色を塗った上に同じ事をすれば良かったのですが、後の祭でしたので屋根裾中心にグレーを筋状に吹くのに留めました。
下周りは、埃色?を強めに吹いて2輌目も終了です。

最後の最後に一点!
専用動力の場合どうしてもリアヘビーとなってしまいますのでボギー台車側に補重した方が良いと思います。
僕はちょいとお遊びで、『アルモデル』さんの『A型ボンネット』を若干小さく削って床板上に貼り付けてみました。006_20161007100246b5e.jpg

南筑軌道というと、どうしてもブタこと石油発動車が浮かびます。模型製品でも『杉山模型』さんや仙台の『今野さん』が素晴らしい模型製品をリリースされました。 

『ブタの隣に欲しいよね!』

と思ったら、いや思わなくても是非お買い求め下さい。 
手前味噌ですが、祭のエッチング板は、毎回作る側の目線で色々なアイデアを盛り込んでます。

今年の祭には、今話題の『トミーテック』さんがメーカーさんとして初めて祭に出店されます(販売は無いと伺っています。) ナロー模型入門として近々発売になる『猫屋線』等の完成品をお求めになるのも良いですが、一歩踏み出してキット工作の入門に是非記念エッチング板をお求め頂きたい!

そんな事を思いながら終わります。

それでは、『第12回 軽便鉄道模型祭』 人形町でお会いしましょう。
スポンサーサイト
2016/10/07(金) 09:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。