プロフィール

まつお‐K

Author:まつお‐K
FC2ブログへようこそ!

 
それでは、作例を紹介させて頂きます。

先ず、前ボンネットです。
部品構成をお見せします。
006_20150925090859c68.jpg
写真の通り昨年の設計を踏襲していますので組立手順はあらためてご紹介しませんので悪しからず。
(昨年9月頃のブログを見てね!)

後ボンネットです。
001_2015092509083073b.jpg
1枚の板に展開されています。天板にRを付け(曲げ易い様に裏面に曲げ筋入っています。)、裏の折筋に従って曲げて箱にします。

キャブの組立です。
コレも基本的に昨年の踏襲です。
002_20150925090841972.jpg
DC102のキャブ妻面は、折妻になっていますのでこの段階で曲げておきます。角度は側板に合わせます。
003_2015092509085129c.jpg

丁寧に仮組みすればピタリ!と合わさり半田付けも容易です。
007_20150925090908311.jpg

注意点ですが、
①この後キャブの角を削りますので半田は多目に流しておいて下さい。特に屋根側の角!
②キャブ側板の窓周りはキッチリ半田を流しておかないと曲げる時に引っ張られるので確実に接着を!


話が前後しますが、各部の手摺、ドアハンドル等デティールアップをする場合は、組立に入る前、板状態の時に裏面のポンチに従いピンバイス等で穴を開けておきます。
今年の板には、各部の手摺もパーツとして入れて有りますのでお好みでどうぞ。

スポンサーサイト
2015/09/25(金) 09:40 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード