プロフィール

まつお‐K

Author:まつお‐K
FC2ブログへようこそ!

 
前回記事の最後に書きました“こだわり”について書きます、

基本的なキャブの工作は前回までで終了し、後はヘッドライト、手摺等デティールの追加になるのですが…。

”水切り”です。

エッチング板は妻・側それぞれ0,1㎜ずつエッチングの凸表現なのですがちょっと弱いと感じました。
更に、この手の協三ロコのキャブには前妻寄りに縦の雨樋が付きます。この雨樋はアイポイントになりますし是非追加して欲しいデティールだと思いました。その為に水切りを更に立体化する必要が有ると判断し設計を変更して貰いました。

側は、(くどいですが是非!)『駿遠線 C3』のシルヘッダーの時同様に、モールドに下から引っ掛ける様にして取付ます。
004_201409221608573a9.jpg

妻は、形状的に取扱強度に不安が有るのと、窓周りのモールドが埋まるのを避ける意図で、モールド上にピタリ!で貼り付けになります。(此方は省略でもまぁ・・・。)
005_2014092216091175a.jpg


細かい説明は省略しますが、ライト以外全てのデティールを追加したキャブの完成状態です。№プレートは(仙北仕様は社紋も。)この段階でキャブに貼り付けておいた方が良いと思います。
001_201409221609239dd.jpg


ボンネットの工作です。

部品構成は、
前側。
007_201409221609527cd.jpg

後側。
009_20140922161014365.jpg

部品を切出したついでに、ラジエターの部分は塗装(黒染め)しておく事をお勧めします。
010_201409221610254e8.jpg







スポンサーサイト
2014/09/22(月) 16:44 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード