プロフィール

まつお‐K

Author:まつお‐K
FC2ブログへようこそ!

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
前回の最後の写真の続きになります。

最初に、屋根部にRを付けます。 パーツ裏には屋根全面に曲げ筋が入っていますので指先でグイグイやっても簡単に曲がるのですが、基本通りにゴム板や雑誌等の上で丸棒をグリグリと転がして曲げます。最初から強く曲げずに段々と妻板をガイドにしながら強くしていきます。
良い感じに曲がってきたら車体の肩の部分を折り曲げます。 この部分も曲げやすい様にエッチングされています。エッチングパターンの中央でエイヤッ!と一気に曲げます。 ちなみに僕は定規をあててズレ無い様にセロテープで固定して気持ち強めに曲げました。
妻板のガイド部分を挟み込む様に組み合わせて様子をみました。

008_20130920102409150.jpg
009_201309201025582ae.jpg

良い様です!案ずるより産むが易しではないですが、思ったより簡単に上手く曲がりました。苦手意識を持って躊躇するかもしれませんが2輌組んで2輌共ソコソコ上手く行きましたので深く考える必要は無いと思います。ただし、基本的な手順は踏まないとね!

妻面の半田付けは、数か所で仮付けをした後、3辺全体にしっかりと半田を流します。

継ぎ目には多目に半田を盛っておき、ヤスリで角を落としました。
010_201309201026114e5.jpg
011_20130920102622d4b.jpg

一応写真を撮る為に綺麗にヤスリを掛けましたが、この後未だパーツを組み付ける為にコテをあてますのでこの時点で綺麗に整える必要はありませんです。
スポンサーサイト
2013/09/23(月) 16:45 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。