プロフィール

Author:まつお‐K
FC2ブログへようこそ!

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
松岡と一緒に関電所有だった加藤3tも引き取られ整備作業が進んでいました。

此方は、グレーの下塗りがほぼ終わり本塗りを待ってる状態です(窓やライトにはマスキングがされています。)
119.jpg
132.jpg


以前も屋根の有るところで保管されていましたからDAエンジンは黒光りしています。
121.jpg
水タンクでしょうか? 他の加藤では見ない装備です。タンクからは給水口が突き出ています。 エンジンフード天板上のカバーも中央ではなくこの位置にオフセットされています。 過去に模型化した『Sea Lion工房』『ワールド工芸』もこのあたりを正確に模型化は出来ていません(残念!)

キャブ内です。
123.jpg
124.jpg
メーターパネルには沢山のメーターが並び、操作レバーの類も沢山有って先の加藤達とは明らかに違う雰囲気です。 使用条件の厳しい”林鉄”仕様だからでしょうか?

前・後共Hゴムで保持された窓はこの様に開ける事が出来ます。それにしても小さい。さぞかし見辛いと思います。126.jpg
125.jpg
ロングシートではなく、運転手席と助手席の2脚。背もたれのクッションはキャブ後妻板側に固定されています。キャブは背も高く居住性は良さそうです・・・。
ワイパーは前後共運転手側のみに付いています。 駆動モータは、妻面ではなく窓枠に付いています。

後妻面。大きな手摺が付いていますが、エンジンフード横の手摺共ハンドレールノブで保持されています。
135.jpg
ラジエター両横と後部の補助ランプは、メッキされた小さなライトがちょこんと埋め込まれていると言うほどでもなく付けられています。


コイツもやはりお約束の
137.jpg
138.jpg


スポンサーサイト
2012/11/10(土) 08:51 | コメント:0 | トラックバック:1 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

まとめ【那珂川清流鉄道保存会】

松岡と一緒に関電所有だった加藤3tも引き取られ整備作業が進んでいました。此方は、グレーの下塗りがほ
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。