プロフィール

まつお‐K

Author:まつお‐K
FC2ブログへようこそ!

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
まず最初に謝らなければいけません。

先日の弊ブログにおいて、人形の事に触れました。 
写真を一目見て確認もせず自分の塗った人形だと断定をしてしまいましたが、モデルワーゲンの森川社長のところへ僕の記事を読まれた方が確認の連絡を入れたそうで、森川社長からご自分で塗られた物である旨の連絡を頂きました。 
軽率な判断で文字にしてしまいました事関係者の皆様に素直に心よりお詫び申し上げます。

グダグダ言い訳を書き連ねるのもアレですが、簡単に書くとまさか僕の塗り見本に近い陰影を強調した手の込んだ塗装を複数必要な商品に施されているとは思いませんでした(プライザー的なベタ塗りを想像してました。) 逆に、あそこまでされていたとしたら、商品原型を作り、一生懸命塗り見本を納めた僕としてはなんとか冥利に付きる話だと思います。
とにかく思い込みで動くのはいかんなぁ~。素直に反省です。

ん?って事は、オイラの塗った人形のレア度は更に上がったって事か?ねっ、cjm氏!(反省が足りません。)


確認が大事って話のついでで『3,5tGL』をちょっとだけ。

下のドアレールを着けました。
画像 1237

キットを組まれた方は?と思われるかもしれませんが、部品の着け方を組説と丸っきり逆にしました。
組説では、アングル状の部品を床板分を半田しろとして上側に手を拡げた様に付ける指示なのですが、どうもイメージ出来なかったので床板下にアングルを引っ掛ける様に上へ立ち上げました。

画像 1236

コッチの写真なら解りますでしょうか? 僕のイメージでは此方が良いです。
一応、メーカーの正解を確認した上で意図しての工作ですので突っ込みは無用です!

それにしても、モータホルダーが絶妙な厚みです。上底された床板は正にこんな感じだと思うんです。何とか利用出来んかなぁ~。

スポンサーサイト
2009/06/26(金) 13:54 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。