プロフィール

まつお‐K

Author:まつお‐K
FC2ブログへようこそ!

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
珍しく連投です(^^;)

ドア部を開口する前に、ドア部品を載せて様子を見ました。 余談ですが、上のドアレールを追加したのに関わらずドアは高さを詰める事もなくそのまま収まりました(ラッキー!)

003_20110420125616.jpg

『???ドア幅狭くね???』

両方のドアを並べて載せてみました。

001_20110420125559.jpg

狭いと思います。 スケールがどうこうじゃなく、このキャブ長に対して明らかに狭いと思います。

幾つかの実車写真を見ると、カトウのドアには両サイドに補強?のリブが有る物が見られます(ちなみに植田建設のカトウにもリブが有ります。) キットのドアには写真の通りリブが有りませんので、ドアの両サイドに0,6mm角の真鍮線(手持ちがそれしか無かった!)を貼り付け幅増しとリブ追加の両方を・・・(^^)
(厚みは後で0,3mm位まで削りました。汗)

005_20110420125635.jpg

んで、ドアを載せるとこんな感じ。

006_20110420125646.jpg

こんなもんでしょ?

このドアに合わせて切り欠く部分に見当を付けてケガキました。

004_20110420125626.jpg

線が二重になったのはオイラのいい加減さの表れです(汗)

実車では内側からドアを開閉する為の手摺がドア裏に付いていた様なので、ドアをガボーッと前妻いっぱいまで開けた時にもキャブの内側からドア端が見えていた筈です。 そんな事を考えながらケガキ線を入れました。


 
以前から方々で指摘されていた通り、このカトウは『3t』ではなく『5t』クラスのサイズです。 どんなに頑張っても『植田建設』に有ったカマの雰囲気は出せそうにない(僕の工作技術では出来ない!)ので、この後は割り切って工作を進めるつもりです。 
なんとかあの“馬の背”みたいなエンジンマウントを再現して・・・なんて考えていたのですが少し気が楽になりました。 色物化が進みそうです(笑)
 
 
 
スポンサーサイト
2011/04/20(水) 13:51 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。