プロフィール

まつお‐K

Author:まつお‐K
FC2ブログへようこそ!

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
動力ユニットの加工です。
004_201509301429029bb.jpg
前側の砂箱に邪魔になる部分を糸鋸等で欠き取りました。金属の切り粉は丁寧に除去して下さい。

板には、エッチングによるシルエット状の部品も付いていますので、床下には拘らないという方は其方を使って頂ければ必要の無い加工です。

板に付いてる三日月のパーツは、黒く塗って動輪のウェイト部に貼り付けて使います。立体感が増すと思いますが、使わなくても・・・。
005_2015093014291288c.jpg
006_2015093014292267e.jpg
取り付けた状態です。 ブレーキシリンダーとエアタンクも貼り付けて有ります。

塗装の塗り分けは易しいと思います。
003_201509301429427e8.jpg
002_20150930142953bf0.jpg
作例では、京浜東北線のスカイブルーを使いました。排障器、ステップは黒に塗ります。僕はマスキングをしてブラシで塗り分けましたが、僅かな部分ですので黒は筆塗りでも良いと思います。

屋根上は塗り分けられていた様ですのでグレーを吹きました。
001_20150930142931291.jpg
スポンサーサイト
2015/09/30(水) 14:45 | コメント:0 | トラックバック:0 |
それでは、僕の使ったデティールアップパーツの紹介をします。

先ず、ブレーキシリンダーです。
011_2015093008231270f.jpg
今年もワールド工芸さんのパーツを使いました。 そのまま取付位置を調整して貼り付けてしまおうと思ったのですが、写真の通り梃子が気持ち長い気がしました。 更に実車資料を眺めていたらシリンダーに対して梃子が外側に被さる様になっています。だったら梃子を切り飛ばして、板の梃子部品と組み合わせちゃえ! という事に。
006_2015093008232678d.jpg
反対側の梃子(コレも板の部品)の根元も中心に軸を打ちこんでおきました。

エアータンクです。
コレもワールド工芸さんです。 キャブ下の両側に付きます。
008_2015093008235734a.jpg
僕は、写真の様に面倒臭い削り込みをして動力ユニットのベース板側面に貼り付けてみました。見た感じは一番しっくりくる位置ですが、ベスト!とも思いませんし、この辺は鉄道模型ですし絶縁等の事も考えつつそれぞれ工夫して付けてみて下さい。

砂箱です。
012_2015093008233821d.jpg
コレもワールド工芸さん、協三のDLには定番でしょう! 湯口を切除して平滑に仕上げ、車体の床板裏にボンド付けします。
取付位置や砂撒き管の曲げ等は資料や現物合わせで調整します。

以上の3点は、今年もワールド工芸さんのブースで数量限定となりますが販売して頂く事になっています。(昨年よりはセット数増やして頂いたそうです。)

その他使ったのは、
給水口キャップは、モデルワーゲンさんの挽き物。ドアハンドルは、同じくロスト製。
ヘッドライトは、アルモデルさんのソフトメタル。
タイフォンは、モデルワーゲンかアルモデルさんの挽き物。(細身のワーゲン、太目のアル、お好みで。)

カプラーは、各社の朝顔、マグネティック等お好みとなります。

アルモデルさんブースでも、専用動力ユニットの他に使用するビス類、ヘッドライト、タイフォン等をアソートした物を販売されると伺っています。

各パーツを仮付けしてみました。
013_201509300824136ef.jpg
014_20150930082425e8d.jpg

あとは、塗装です。
2015/09/30(水) 09:03 | コメント:0 | トラックバック:0 |
出来上がった各部を組上げてみました。
002_2015092816455081e.jpg
001_201509281646009c9.jpg

前ボンネットのナンバープレートの付け方ですが、
004_20150928164610303.jpg
007_201509281646208d5.jpg
ナンバープレート裏に帯材(板の端材)を半田付けして細く整形した後、ボンネット側もポンチ穴を利用して長穴に拡げ、差し込んでボンド着けとしました。
給水口は、昨年のDC103同様モデルワーゲンさんの挽き物です。

アルモデルさんで発売の専用動力と合わせてみました。
010_20150928164629171.jpg
009_201509281646387a1.jpg


次回からはデティールアップの紹介をします。
2015/09/28(月) 17:01 | コメント:0 | トラックバック:0 |
キャブの全体の半田付けが終わったら、角を落とします。結構思い切りガリガリと行っちゃいます。

水切りを妻面、側面のモールドに合わせて上に貼り付けます。
DC102の水切りは鉢巻状に全周にぐるりと付きます。妻面から貼るか?側面から貼るか?はお好みですがパーツを一部加工します。
妻面、側面いずれかのヒゲを落とします。
004_201509261859001ee.jpg
ウィンドゥヘッダーを貼る要領と同じです。板厚も毎度の0,3㎜ですので局面にもなじみ易いと思います。


んで、それぞれの整形が終わってこんな感じです。
002_201509261859158b7.jpg
003_2015092618592493a.jpg

キャブ側面とボンネット後面のナンバープレートや銘板等はこの段階で半田付けしてしまった方が良いと思います。
キャブ屋根のハッチは開けてみました。
後ボンネット蓋の開閉ハンドルは洋白線で(板にはパーツを入れました。)

床板の工作ですが、最初に各部を折り曲げてしまう前、板状態の段階でそれぞれのデティール部品を付けてしまう方がコテをあて易いし楽だと思います。
エプロンのステップは先端をヤットコ等で咥えてグイッ!と少し下向きに曲げてみました。
排障器の前面に余った水切りパーツを貼り付けて立体感を増してみました。
008_20150926185946b1d.jpg

キャブ下のステップには、網目板で踏み板を追加しました。
009_201509261859554be.jpg

ランボード上のコの字型の手摺は板にパーツとして入れましたが0,4㎜の洋白線で曲げました。(板に曲げジグが有ります。)
取付穴裏側に板の端材を貼って補強してます。
007_201509261925164de.jpg


ココまで終わらせた後でエプロン部を曲げて組上げました。
2015/09/26(土) 19:24 | コメント:0 | トラックバック:0 |
それでは、作例を紹介させて頂きます。

先ず、前ボンネットです。
部品構成をお見せします。
006_20150925090859c68.jpg
写真の通り昨年の設計を踏襲していますので組立手順はあらためてご紹介しませんので悪しからず。
(昨年9月頃のブログを見てね!)

後ボンネットです。
001_2015092509083073b.jpg
1枚の板に展開されています。天板にRを付け(曲げ易い様に裏面に曲げ筋入っています。)、裏の折筋に従って曲げて箱にします。

キャブの組立です。
コレも基本的に昨年の踏襲です。
002_20150925090841972.jpg
DC102のキャブ妻面は、折妻になっていますのでこの段階で曲げておきます。角度は側板に合わせます。
003_2015092509085129c.jpg

丁寧に仮組みすればピタリ!と合わさり半田付けも容易です。
007_20150925090908311.jpg

注意点ですが、
①この後キャブの角を削りますので半田は多目に流しておいて下さい。特に屋根側の角!
②キャブ側板の窓周りはキッチリ半田を流しておかないと曲げる時に引っ張られるので確実に接着を!


話が前後しますが、各部の手摺、ドアハンドル等デティールアップをする場合は、組立に入る前、板状態の時に裏面のポンチに従いピンバイス等で穴を開けておきます。
今年の板には、各部の手摺もパーツとして入れて有りますのでお好みでどうぞ。

2015/09/25(金) 09:40 | コメント:0 | トラックバック:0 |
え~何となく工作も停滞していたり個人的に色々あったりですっかりご無沙汰していましたが、いよいよそんな時期となりました。

11回目となりました今年の祭、今年もエッチング板を仕込んでいました。
ネタは、既に公式ブログで発表しました通り、
 
『仙北鉄道 DC102』

去年に続いての仙北鉄道ネタですが、DC103が有ればDC102も欲しくな~い?
という事なんですが、

そ~です。オイラが欲しかったんです!

今回も、設計製造をお願いしたアルモデルさんに色々と我儘を言いながら板が出来上がりました。

先に書いた通り、今年は色々有りました。とどめは、9月10日にオイラの住まいの常総市を襲った豪雨災害。色々と後片付けに追われて毎年恒例の組見本としてテストショットを組む前に製品板が届く始末・・・

なんとか責任を果たすべく大急ぎで組立に入りました。
今年も何回かに分けてご紹介させて頂きますので興味の有る方はお付き合い下さい。

001_20150923144748ba3.jpg

それでは、よろしくお願いします。
2015/09/23(水) 14:57 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。