プロフィール

まつお‐K

Author:まつお‐K
FC2ブログへようこそ!

 
1週間が経ちました。『第9回 軽便祭』が終わって・・・。

この1週間は、折を見て軽便祭関連のブログ等を拝見させて頂き、

『へぇ~、こんなのも有ったんだぁ~。』

なんてとぼけたリアクションをしながら楽しませて頂いています。


プレイベントの『軽便讃歌』も好評を頂いたようです。 実物にあまり詳しくない僕でさえ、貴重な画像や楽しいエピソード等を交えた講演で4時間程の時間があっという間に終わってしまいました。
来年も、期待を裏切らない内容で開催出来ると思います。 讃歌の内容自体はU太さんや先輩方にお任せなので僕自身は裏方に徹して楽しませて頂こうとおもっています(おいっ!)

(師匠!、録画してる脇で感想をペチャクチャ話してごめんね!)


今年の板は、どうだったのでしょうか?
組立自体は簡単だと思うんですが・・・車体をコの字に曲げるという事を必要以上に難しく考える方もいるかもしれませんが、思ってる以上に簡単に曲がりますのでそれが理由で罪庫などにせずに組立てて頂きたいと思います。
手摺を付ける方は、数が多くて面倒臭いとは思いますが難しい工作では有りません。車体を曲げる時に邪魔だと思う方は、後でボンド付けでも塗装の便を考えても楽かもしれません。
排気管ぐらいかなぁ~難しいというか手間が掛かるのは!(実車の形態に拘る人だけですがね。)

今回は、売れる予想数量より多目に作りました(枚数減らすと売価に掛かってくるし・・・。) アルモデルさんでは凝った専用動力まで作って頂きました。値段が微妙~だったかもしれませんが、組立済みの4軸駆動の動力装置としては決して高い物では無かったと思うんですが・・・。
事務局の方には、『祭には行けないけど欲しい!』というメールをちょこちょこ頂きます。 祭り会場で売るのが基本ですが、折角の動力装置にも余裕が有るそうですので若干数ですが販売を委託しようと思っていますので、欲しい!と思って頂いてる方は、発表をお待ち下さい。

イモンさんにお願いしてパーツとして販売して頂いた”北海道型の朝顔カプラー”は売り切れたのでしょうか? 残ってたら欲しかったのですが・・・。

今回の板を企画するにあたり、塗色等について貴重なご意見を頂いた方が、

「模型はやった事ないんですが、挑戦してみます・・・」

と仰り、板と動力装置を買われた時に、

「お世話になったお礼に僕が組みます!」

と答えられなかったのが今でも引っかかっていたりします・・・。


それにしても、ネタは段々とディープな方へ進んで行きますね。次回は何になるんでしょうか?

まぁ、板は ”俺が欲しい物!” なんで・・・(笑)


最近は、紙物が熱い!なぁ~。と思います。
前回の講演録である『軽便讃歌Ⅲ』、『ダージリン/マテラン』、『私の見た木曽森林鉄道』等・・・どれも内容が素晴らしい! 工作時の資料に飢えていた一昔前が嘘みたいです。これらを生かして作品が拡がって行けば更に素晴らしいと思います。


まぁ、とにかく今はもう一つの趣味であるラリーカーのミニカーを眺めて萌ぇ~としています。

数日前に偉い安い値段でオクに出ていたんで入札したらそのまま落札となった↓
001_2013101212491068c.jpg
002_20131012124923b8e.jpg
大好きなグループBマシン『ランチアデルタS4』(HPI製)

昨日は、移転前で5割引きセール中の『ミニカーショップ イケダ』に行ってフィアットアバルトのミニカーを買って来たりしました。



話が逸れましたが、今回も沢山の方のご協力で祭を終える事が出来ました。あらためて御礼申し上げます。
次回もよろしくお願いします。


来年は節目の10回目ですねぇ~。 クリクラでは、『板大集合!』なんて鬼の笑う話が・・・。
ならばオイラは関電松岡と協三15tの特製完成品でも売るかなぁ~。板と抱き合わせにして・・・(笑) 大昔のガンプラかーっ!

それ以前に売れんかもね(爆)

スポンサーサイト
2013/10/12(土) 14:12 | コメント:0 | トラックバック:0 |
やっぱり完全に時間切れですね。

今晩は工作なんて出来ないでしょうから完成した試作版1輌と、未塗りの製品版1輌を今年も展示させて頂きます。

紹介出来なかったのですが、屋上の排気管は流用出来そうなパーツは無く自作になってしまいます。僕は、『エコーモデル』の細密パイプを組み合わせて作りました。a8_trim_re_ktP1080546
1㎜の真鍮線で車内から立ち上げ、1㎜×1,5㎜、1,5㎜×2,0㎜と重ねてマフラー部を作りました。前後2本のリングは2,0㎜×2,4㎜をナイフの刃をあてながらコロコロとやると細いリングがとれますのではめて有ります。排気口は端部ではなく上部から出ます。コレもピンバイスでボーリングした後パイプを差しました。


明日はプレイベント軽便讃歌、明後日は軽便祭。いよいよです。

皆様、どうかよろしくお願いします。

記念エッチング板買ってくれー!(笑)

2013/10/04(金) 17:05 | コメント:1 | トラックバック:0 |
台車枠のデティールアップも紹介します。
001_20131003145045121.jpg

この台車枠の一番の特徴として、台車枠側面に砂箱が取り付けられています。 
キットには、エッチングの箱組で再現出来る様にパーツが入っているのですが、別の方法で再現してみました。
使ったのは、『エコーモデル 769 砂箱 ¥600』です。 EL用の一般的な砂箱なのですが、コレを背中合わせで貼り付けて両面からヤスリをかけて薄くしました。 正直、半分ぐらい削り落してしまうので大変かもしれませんのでお勧めは・・・。(僕は、JAMの時に『カツミ』 さんのブースで売っていたバローベの単目の平ヤスリのお陰でそれ程辛くは無かったです。)001_20131004143334624.jpg

この部分の明確な資料が入手出来なかったのですが、多分似た様な感じだったと思います。 最近黒部峡谷鉄道向けに納車したDLにもこの方式が踏襲されていました。
砂箱上部の蓋は。『モデルワーゲン』協三DL用を使いました(ちなみに砂箱本体の厚みは蓋の幅と同じにしました。)

エアホースも『エコーモデル』です。 まぁ、これは手持ちが有ったという事で使いました。 ただ、新しい製品なんでデティールは素晴らしいと思います。

そして、一番の拘りが連結器(朝顔カプラー)です(正直、ナローに朝顔は・・・と思っているんで。)
北海道等で使われていた朝顔は、一般的な物と違い、リンクの差し込み口の開いていない物です。そこで、こちらもJAM開催中に『モデルスイモン』さんに口頭で分売をお願いしたところご快諾頂けて、軽便祭で分売して頂ける事になりました。002_20131004144939c46.jpg
 但し詳しい販売数は解りませんが、お願いしたのは50輌分なので欲しい方はモデルスイモンブースでお買い求めください。
ちなみに『HOE-012 ナロー用カプラー北海道 2個入り ¥735』との事ですのでよろしくお願いします。
取付方法は、開口部に対してカプラーが小さいので工夫が必要ですので悪しからず!


台車間に2個直列で吊り下げられている大きなエアタンクは、正直言って各社から出ている汎用パーツの中には
コレッ”というのは有りませんでしたが、色々探す中で『モデルワーゲン』さんの気動車等に使われているエアタンクが一番大きさ的に近いと思いまして、砂箱蓋同様分売をお願いして使いました。(ちなみに1個/¥600)だそうです。 在庫状況等は解りませんので興味のある方は問い合わせてみて下さい。
取付は、適当な0,5㎜厚位の真鍮板にボンド付けした物を動力の床板にビス止めしました。002_201310041432183ec.jpg(写真は試作版です。)
2013/10/04(金) 14:30 | コメント:1 | トラックバック:0 |
台車枠の組立も紹介しておきます。

最初にパーツを有る程度切り出してしまいます。
001_20131002160342237.jpg

003_20131002160353d52.jpg
このパーツの先端は繊細な部分が有るので歪んだりしない様に注意します。

004_20131002160403057.jpg
このパーツに各パーツを重ねていくイメージです。

006_20131002160414196.jpg
ポンチマークのトコをピンバイスで穴を開けていつもの『アドラーズネスト』のボルトヘッド(SS)を差します。

組立要領は、こんな感じです。
009_20131002160451840.jpg
008_2013100216044244d.jpg

瞬着でも組めるようです。
007_20131002160431f2f.jpg

一次試作との比較です。
001_20131004095630b1b.jpg

全然違うでしょ?
2013/10/03(木) 16:47 | コメント:0 | トラックバック:0 |
昨年の片ボギー式動力装置同様に今年も『アルモデル』さんでエッチング板と並行して専用動力を作って下さいました。 既に紹介した作例で履いている物は1次試作版を僕がデティールアップして組立てた物ですが、それを改良した製品版が上がって来ましたのでご紹介します。
002_20131003145057a3e.jpg
004_20131003145123da4.jpgスパーギアが試作版に比べて小さく薄くなりまして台車枠内に収まります(黒染めもされてます。) 

003_201310031451102ad.jpg
台車間を繋ぐプロペラシャフトで全軸駆動、しかもゴム車輪も履いていますので補重次第ではかなりの強力機になると思います。
製品は、写真の状態まで組立済みです。

シャフト自体は黒染めした真鍮パイプらしいので、工夫次第で他に転用出来るかもしれません。(ちなみに僕は、ホイルベースや車輪径がほぼ同じの酒井8tボギーに転用いたい・・・。)

これの販売はあくまで『アルモデル』さんですので、お買い求めはアルモデルブースの方でお願いします。詳しく聞いてませんが、数には限りが有るみたいです。


動力装置には、協三15t用のスケール版台車枠が付属します。 此方は組立てなければなりませんが、優れた設計のお陰でそれほど難しく有りません。
009_20130927082123b04.jpg


2013/10/03(木) 15:17 | コメント:0 | トラックバック:0 |
いよいよ今週末です。

ヤバーイ! 本当にヤバイ!

2輌目は完全に間に合いませんです。未塗りでなんとか・・・ってトコです。

泣き言はさておき、続きです。

水切りや、残りのステップ、屋根上のハッチ等を取り付けました。
ちなみに、屋根上のハッチは通風用の物みたいです。酒井のボギーみたく片側が持ち上がるみたいです。
004_201309270820098a1.jpg

車体側面に付く雨樋ですが、車体肩の樋はエッチング板に部品として入れましたが妻面脇の縦樋は部品にしませんでしたので0,3㎜の真鍮線を貼りました。
横樋も若干長めになっていますので現物合わせでコンマ数㎜短くして下さい。4隅のRに掛からない位置です。縦樋は、端部合わせです。


推奨のライト関係の部品を紹介しておきます。

いずれもNゲージ用の汎用部品から選びました。『タヴァサホビーハウス製』です。
001_20131001105034b1b.jpg


ヘッドライトは、『PX-038 民鉄用前尾灯セット』 ¥630。
*(クリアー・赤レンズ各2個入り4組分)
テールライトは、『PN-009 新型テールライトA』 ¥284。
*(赤レンズ2個入り2組分)

ヘッドライトの赤レンズは要らんのですがね・・・

この部品を使う場合は、取付穴がそれぞれ1,7㎜、1,0㎜となっています。 テールライトは、そのまま取付出来ますが、ヘッドライトは穴を拡げます。

参考になれば・・・。


アルモデルさんから専用動力のサンプルが上がってきましたので、塗装を飛ばして下周りの紹介に行かんとならんです・・・。
2013/10/01(火) 10:47 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード