プロフィール

Author:まつお‐K
FC2ブログへようこそ!

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
今回は協三のSLを見るのが第一の目的でしたが、現地に着いて最初に目を奪われたのはエンジンフードのサイドパネルを外された所謂”全開仕様”の酒井5tでした。
005_20130311181642.jpg

やっぱ格好良いー!

007_20130311181631.jpg

此方は光線の関係で光ってしまいました。

紛う事無き生きた『KE-5』が鎮座しています。
002_20130311181624.jpg
76号機は、エアークリーナーのカバーがフード天板上に無いのが特徴です。整備上は面倒臭かったかもしれません。

004_20130311181557.jpg
シリアルナンバーも確認出来ます。

010_20130311181548.jpg
011_20130311181540.jpg

砂箱周りです。ミッション・エンジンのマウントやブレーキシリンダー等・・・グレーに塗られているんで見やすくて模型の資料にはなってくれそうですが、那珂川では要らないかもしれませんが砂撒き管ぐらいは繋いだ上で塗装して欲しかったとこです。



スポンサーサイト
2013/03/11(月) 18:41 | コメント:0 | トラックバック:0 |
引続き画像中心で・・・

キャブ内です。
020_20130307171306.jpg
017.jpg
025.jpg
026.jpg
034.jpg
那珂川の車輛ですが、アルミではなくちゃんと木製の引き違い窓です。木で良かったー!

ドーム周り・・・
037.jpg
040.jpg

何度も言いますが、汚れ一つ無い新車です。
2013/03/07(木) 17:22 | コメント:4 | トラックバック:0 |
3月3日(日) ひな祭りの日です。
我が家では律儀に雛人形を飾っています。もしかしたら小さな姪っ子が来て何かしらやったのかもしれませんが、お父さんはゴルフでした 今年は既に4回目!例年に無いほどのハイペースです

ちなみに今月はあと2回入っています・・・

4回の内、3回は『那珂川清流鉄道保存会』近くに有るいつものホームコースです。

『那珂川清流鉄道保存会』が福島の協三工業へSLの6t機を製造発注した事、協三工業で完成した事は皆さん既にご存知だと思いますが、那珂川への納入時期がいつになるのか?現地に問い合わせても曖昧な返事でいまいち掴めずその動向が注目されていました。
(現地を訪れた方のブログを拝見しますと実際搬入されたのは、2月17日前後だったようです。17日もゴルフでしたのでその時に行けばもしかしたら・・・)

最近気付いたのですが保存会はフェイスブックに登録してあるので有る程度の情報は得られるみたいです。


前置きが長くなりましたが、そんな訳で3日のゴルフ帰り新車のSLを見に行きました。

現地に着きますとエンジンフードのサイドカバーが外され全開になった『酒井5t 76号機』が出迎えてくれました。どちらかと言えば”内燃機好き!”の僕はそちらが気になってしまったのですが、置いといて第1目標の協三SLに・・・

目指す新車はシャッターが下ろされた庫の中、クラウス17号機の奥にしまわれていました。

すげぇー、ピッカピカだ!

013_20130306111626.jpg
平成25年製の製造プレートが『那珂川清流鉄道』のプレートと共に。

おそらくと言うか間違い無くオイラの一生で一度だけだろうね、なりは小さいとはいえ新車のSLなんて見て触れるなんてのは。

庫の奥の方に置かれているので邪魔な柱が有ったりして上手く撮れませんでしたが、まずは外観を幾つか・・・。

014.jpg
028.jpg
044.jpg
042.jpg
019.jpg

う~ん、ワールド工芸の模型を買っておけば良かった・・・なんて
2013/03/06(水) 12:41 | コメント:0 | トラックバック:0 |
少し前にお仲間とやった新年会の時に、某管理人さんから津川『立山砂防 人車』を譲って頂きました。 

今年は春から縁起が良い!

って事で、ず~っと放置していた立山砂防の酒井5tを仕上げる事にしました。 実は、2月末の某集会でお披露目するつもりだったんですが、体調不良で欠席したんで晒すタイミングを逃していました。

それにしても目が見えん・・・。ドキドキしながらデジカメで写真を撮ってます。

やり残していたキャブインテリアの部品を揃えました。

003_20130304094931.jpg


シートは意地を張らずプラ板工作、水タンクはキットのウェイトを小さく切り出し、給水口は給油口と同じMWの挽き物です。 ブレーキ弁は、エコーの小型蒸気用を切り貼りしました。レバー類は真鍮の端材からです。それらをスケール網目板で作った床板に半田付けしました。メーターパネルは、MWの沼尻DC12用に細工しました。メーターの数とか若干違うのですがそれらしく見えれば〇です。

アクセルペダルを忘れています・・・orz

順番にキャブ内にエポキシボンドで貼り付けていきます。

004_20130304094940.jpg
005_20130304094947.jpg
001_20130304095041.jpg


最後に0,3㎜の洋白線でワイパーを作り、家元印のペアーハンズ製消火器を付けて終了~。

002_20130304095110.jpg
うぉー、やっぱしシートの脚に色差しの黒が・・・デジカメで撮るまで気付かなかった・・・

001_20130304095102.jpg


キャブドアのレタリングは、どうしましょ? 色々資料を見ますと現役時代は、砂防の〇マークは無くて管理番号だけだったみたいです。 砂防MCの時に小倉工場さんに作って頂いたデカールが残ってますのでソレを使うつもりです。

機関車の動力は『クラフト WB-12』なんでビス1本で9㎜と6,5㎜の交換が出来ますが、客車どうしよう・・・。





2013/03/04(月) 13:31 | コメント:2 | トラックバック:0 |
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。