プロフィール

まつお‐K

Author:まつお‐K
FC2ブログへようこそ!

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
松岡の”残念な”姿にはショックを受けましたが、もう1台の気になる機関車に目を移しました。

更新されたCjm氏のHP表紙写真となった『土工酒井』と呼ばれるポンタ起しの古いGLです。
昨年見た時は、細かな部品までばらされて、洗浄・整備がされていましたが、
069.jpg


今回の訪問時はそれらの各部品が組付けられていました。

骨組みだけだったキャブも外板が戻されてキャブらしい?姿に
125_20130107110350.jpg

キャブ内も綺麗になっています。綺麗なメーターパネルは、オリジナルでしょうか?新製でしょうか? 形状はオリジナルに準じているようですが、天地が逆になってますね。 中央にはキーが刺さっています。
122_20130107110450.jpg

加藤オリジナルの『K-1』という型式のガソリンエンジンも組上げられて真新しいプラグが差されています。
124_20130107110415.jpg
129_20130107110438.jpg


まさか、この加藤がオリジナルのエンジンで動くとは思っていなかっただけに今後も注目したいと思っています。くれぐれも色物化されない事を祈っています

それにしてもなぁ~・・・
スポンサーサイト
2013/01/09(水) 07:20 | コメント:1 | トラックバック:0 |
加藤3tのカラーリングに一抹の不安を感じながら・・・

(まてよ、窓枠はマルーンに塗られているけど窓のマスキングが取られてるぞ・・・赤で色差しされたKATOWORKSの陽刻が・・・でも、引き取る時にオリジナルのカラーリング見てる訳だし、いくらなんでもパンダみたいな塗装は無いだろ・・・)


庫外でレストア作業を進めている『松岡10t』を見に行きました。

前回、Cjm氏と見に来た時には、腐食の激しかったとみられる前面の窓枠はそっくり撤去されて妻面に残った取付ボルトをサンダ-で削り取っていましたので、
102_20130108094730.jpg


他の保存機同様アルミ材で新製するんだろうなぁ~と思っていました。

有りました! 新しい窓が組付けられて、キャブの下塗りも済んでいました。
130_20130107110322.jpg

しかし??? 何か変です!

何じゃコレー!

132_20130107110334.jpg

変な物が新たに取り付けられています。

凄ぇ~ショック!

酒井C4を真似たつもりなのでしょうか?ヘッドライトステーのトコには日差し(ツララ切り)が・・・
どうしてもポールが欲しかったのか?ご丁寧に小さなデッキまで新製した上で見るからに頑丈そうなポールが・・・

日差しもデッキ周りもキッチリとした良い仕事が余計に涙を誘います

おいおい、これじゃ本当に”秘宝館”になっちゃうよぉ~。 前の所有者はどう思うのでしょうか?・・・

その他の部分に異常(笑)は無いみたいです。キャブ内も片付けられて綺麗に下塗りがされてました。
119_20130107110246.jpg
121_20130107110220.jpg
118_20130107110309.jpg

ちなみに松岡、特別な整備をしなくてもエンジンは掛かったそうです。 特別な装備も追加しないで欲しかった・・・




2013/01/08(火) 09:44 | コメント:2 | トラックバック:0 |
今年もよろしくお願いします。

ココ最近、急激な視力の低下と共に工作意欲も落ち気味です。 近くが見えないんで細かい工作や塗装などの仕上げが特に・・・
導入したハズキルーペも僕にはイマイチ合わない様です。 真剣に自分に合う物を探さないといかんです!


体調面では、1日から風邪をひき今でもタンの絡んだ重たい咳がとまりません。 まぁ、3日から『新年会』と称して東京まで出てきてますから、真剣に直そうという気が・・・昨日は寒い中今年最初のゴルフにも行って来ました(スコアは・・・午前中ず~っと凍っていたし・・・。)

一か月前ぐらいから続く軽い腹痛も続いていて、土曜日には精密検査を受けました。明後日にも残りの精密検査が有ります。 まぁ、食えるし、出るし・・・おまけに太ったまんまだし


先に書いた通り、昨日は栃木方面でゴルフでした。
実は近いんですよ、『那珂川清流鉄道保存会』 僕のホームコースと化しているゴルフ場から車で15分ぐらい。 
ゴルフが8時スタートでしたので、全て終わったのが2時でした。 もう、最初から帰りに寄るつもりをしていたので新年の挨拶がてら行って来ました。

107.jpg

他にやる事無いんかい!

と突っ込みたくなるんですが、また一段とWAXが塗りたくられています
現地に着いた時には、この酒井の他カトウ等殆どの内燃機がアイドリング中でした。(僕が着く前にはそれなりにお客さんがいたのでしょうか?)
写真でも解る通りそれぞれの車輛に管理番号らしいナンバリングがされていました。

新顔は、協三のロータリー機関車ぐらいでしょうか? あの入替機みたいな形をした奴(余り興味無いんです。)


気になるのは、馬頭の方です。

「馬頭運送の方は見学出来ますか?」

と伺ったら、社長曰く

「今日は向こう開けてないけど、向こうへ行く用事有るから見たいなら開けてあげるよ!」

と仰って下さり、社長が各機関車のエンジンを切るのを待って馬頭へ移動しました。 
社長は、別所で用事が有るそうで、シャッターの閉じ方だけを言い残してトラックに乗り(笑)出掛けて行きました。

開いたシャッターの奥には、塗装が始まった『関電 加藤3t』 が。

116_20130107110124.jpg
113_20130107110139.jpg
111_20130107110152.jpg

最初は、

「何じゃ、この色!」

と思ったのですが、キャブの前後窓枠がマルーンで塗られていますので多分下塗りだと思います(正直一抹の不安が残りますが・・・

114_20130107110206.jpg
キャブ内も綺麗になっていました。


次回の更新は、一抹の不安が姿を現します

2013/01/07(月) 11:52 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。