プロフィール

Author:まつお‐K
FC2ブログへようこそ!

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
昨日の日曜日『キングスホビー』へ行って来た。

東北道『栃木IC』近くで勤務先のゴルフコンペが有った。 コンペなのでプレー後のパーティーが有る。 時間を気にしつつのパーティーが終了し、幹事としての諸々の仕事を終えて最後にゴルフ場を後にした。 キングスホビーの営業は18時まで。東北道に乗り『久喜IC』を目指したのが16時30分過ぎ。 『栃木』と『久喜』思ってたより有るねぇ~気持ちが焦ってたから余計長く感じたのかな? 『久喜』を降りたのが17時ぐらい。キングスホビーまではICから10分程。

お店のはす向かいに有る、薬の量販店の駐車場に車を止めて、お店を見る。

電気は点いてるけど、商品が見えない! 店に行くと店内に入って右隅にガラスケースが1個。その他は左壁と店奥の壁面に据付の展示棚のみで、カトー・トミックス・GM等の一般流通製品は陳列棚ごと片付けられていた。 ようは店の中は”空っぽ!”だった。

ガラスケースの中と陳列棚に有るのは、キングスホビーのオリジナル商品(塗完・キット・パーツ・仕掛品等)のみだった。 
オリジナル商品の主力だった旧型客車は完成品・キット・パーツ共結構残ってましたが、旧型国電の残りは僅かでした。 

キットは、『クモハ53007+クハ68400』が2~3セット、『クモハ50008+クハ68403』が同じく、『クモニ83』が1個・・・ぐらい。 
塗完として『狭窓流電4輌組』が2セット、『合の子4輌組』が1セット、『クモハ53007+クハ68400』が2セット・・・だったかな?

いずれの価格も半額程の処分価格でした。流電の4輌組には惹かれたんですが・・・オイラの好きな流電は普通屋根の広窓!『クモハ52005』なんだよねぇ~。鉄コレも出るし無理して買わんでもね。

『クモハ50008+クハ68403』のキットは、5千円程だったので一度は手に取ったのですが、タヴァサのクハ68403の仕掛車体が有るし・・・って事でケース内に戻しました。 クモハ50008は平妻の3扉で好きなんですがねぇ~。 


結局財布の中身とも相談して

001_20120227102337.jpg

塗完を引き取って来ました~。 キット買っても作らんと思うし・・・。 
 
合の子『クモハ53007』は半流顔の全面に張上屋根の広窓で飯田線旧国の人気車でした。
003_20120227130845.jpg


相棒の『クハ68400』はあんまり面白くないのですが(半流で嫌いでは無いんですが・・・)
002_20120227130835.jpg

昔Nで飯田線の旧国を幾つか作ってた頃は「いつか作りたい!」と思ってたネタでした。 
コレ発売当初は、トミ動力でTNカプラー装備でライト点灯っていう仕様でしたが、鉄コレ動力でアーノルドカプラーでライト非点灯の廉価版? せめて妻面はTNカプラー、連結面はカトーカプラーに交換する事にしましょうかねぇ~。

クハの形態としては、同じく合の子『クモハ53008』の相棒平妻『クハ47009』の方が面白いですね。キットが有れば欲しかったんですが残念ながら在庫は無く・・・。だから買っても作らんだろ?って!


Nをやらなくなって足が遠のいたキングスホビー。休業を知って足を運びそこでの最後の買物が作ろうと思って作らなかったコイツってのも何か複雑な感じがしました。
 
やっぱり、寂しいなぁ~




 

スポンサーサイト
2012/02/27(月) 11:45 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ツイッタ―で残念なニュースを知った。

『キングスホビー』の休業である。

キングスホビーは、埼玉県の久喜市に店を構えていた。 
オイラは結婚を機に茨城県常総市に住んだ。自宅の周囲には模型店とは言い辛いような模型店と称する店は在るものの本当の意味での模型専門店は無い!ましてや鉄道模型の専門店なんて全然・・・。 そんな住環境の中、自宅から近い!とは言えんけど”軽い気持ち”で足を運べる距離に有る鉄道模型専門店の一つでした。 駐車場も有ったし、当時はNゲージがメインだったしね。


家人との折り合いが悪く休みの日に家に居るのが苦痛なオイラ(笑)は、子守りと称してちょこまかする娘を連れて良く訪れた。 
カトーやトミ等の既製品の他にもオリジナルキットや銀河等の細々としたパーツ類、塗料、工具等も揃っていた。工作が好きでこの趣味をやってるオイラはキット関係の充実が特に嬉しかった。 実家から近く足繁く通った『タヴァサホビーハウス』みたいな・・・。


キングスのオリジナルキットは、パッケージこそ野暮ったくて購買意欲を萎えさてくれたんだけど、 蒸気のコンバージョンキットや旧型電気を出していた初期の頃は別として手慣れて来た頃にリリースされた交流機のシリーズとか飯田線の旧国シリーズとかクオリティは高かったと思う。エッチングはショウエイに出していたと聞いた記憶がある。赤い電機や飯田線旧国はオイラのツボでもあったし・・・

ワールド工芸のパタパタ折り重ねとも違うし、タヴァサの瞬着使用を前提とした板キットとも違う。ロストワックスのお面とかを使っていて半田組みが必要なHOのバラキットに近い構成だった。  ちなみに、ワールドのキットも安く買えた事も有って今のHOナロー工作の基礎になってる半田付けはキングスで購入した金属キットだったかもしれない。

ちなみに、店に入って右奥に店奥だか2階だかに上がる扉が有って、たまに店主以外の人が出入りするのが怪しかった(^^) 聞いた話だが某青年実業家もココに出入りしていたらしい。もしかしたらすれ違っていたかもしれない・・・(笑)


たまに懐に余裕が有って塗完とか買うと

「あれ、キットじゃないんだ? 自分で作った方が上手いのに。」

なんて店主の親父さんに突っ込まれたりもした。


震災以降、少しずつNの車両を処分してきたが『キングスホビー』のキットや塗完は残してあった筈だ。今度確認してみよう(^^;)



工作人口の減少がこういうお店(模型専門店)の営業に影響してるとすれば残念だなぁ。『モデルスイモン』さんみたいなトコしか残れないんじゃないか?なんて思ったりもしますね。


お店のHPを見たら、営業は今月いっぱいとなっています。 今度の日曜日は栃木IC近くで芝刈りです。時間に余裕が有れば幾らか余分にお金を財布に入れて寄り道して来たいと思っています。 クモハ53007・53008とかちょっと欲しい(^^) ただ、今買ってもNは作らんかなぁ~(汗)焼け棒杭に火が付いたりして・・・。

それにしても残念!
2012/02/22(水) 11:22 | コメント:2 | トラックバック:0 |
今年初の記事です。(遅れ馳せながらですが、今年もよしなに・・・汗) 

前回の記事から約2カ月・・・

まぁ、しゃぁないね! 仕事に追われる年頃なんだと思って頑張ります!


昨日は、長女の歯科矯正病院への通院付き添いでした。車で1時間かけて石岡まで通ってます。 途中、筑波鉄道の『田土部駅』跡脇の跨線橋を渡ります。 調べてみると筑波鉄道の廃線跡はほとんどそのままサイクリングロードになってる様で、時間が有れば散策してみたいと思ってます。当時の雰囲気が残ってる感じのコチラと違い石岡駅は雰囲気残って無いねぇ~。


昼食を外食で済ませ、帰宅後工作机に向かいました。

取り出したのは、マスキングテープとカッターと定規。
いつもの様にマスキングテープと格闘した後、コンプレッサーのスイッチを入れました。 結果は↓

003_20120206113807.jpg
004_20120206113758.jpg

『蒸気の時代』掲載写真をもとに以前作った赤鼻の凸型99号機に塗り重ねをしました。

屋根が黒なのか?グレーなのか?はイマイチ疑問です。 もっと言えば『何故こんな形に塗り分けられていたのか?』 (晩年のホイットコム3号機もこんな塗り分けの屋根でした。)
エンジンフード上は全面グレーです。”全面”です。MWの塗り完はラジエター上部が塗られてません・・・(何故?)

木曽森車輛の魅力って塗色の豊富さって有ると思っています。 時期によっても違います。 
無煙化の初期から廃止まで生き残った2輌の凸型ですので、他にもやってみたい塗色が有ります。 ごく短期間だった様ですが、上松運輸営林署で施された試験塗装。 モノクロ写真しか見た事無いんで配色が解りません。以前西裕之さんに伺った事も有るんですが、色までは特定出来ませんでした。 写真のトーンから黄色が使われてる気がするんですが・・・。 どこからか写真出て来ないかなぁ~。


オマケですが、しばらく行方不明だった仕掛の5t機が出て来ました。

002_20120206113746.jpg
 
自分的には結構の力作!です。 なんてったって”作る為に”見に行きましたからねぇ~飯綱高原の『ホテルアルカディア』まで。 動力はあの方製作のスプリングウォーム式がエンジンフード内に収まっています。従ってキャブ内はスッカラカン! 資料も有るしドコまで作れるか? って言うかいつ作れるか?(汗) 


2012/02/06(月) 12:48 | コメント:4 | トラックバック:0 |
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。