プロフィール

Author:まつお‐K
FC2ブログへようこそ!

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
予定通り完成しました!

003_20110930084050.jpg
002_20110930084041.jpg

窓の大きさに比べてワイパーが短いですね。 特に前面は下1/3以上は拭けないですねぇ~(^^)

Hゴム・サッシ窓の色差しは、情けない事に寄る年波には勝てずエナメル系塗料の助けを借りました。 目のピントが合わなくなってきました。
薄目に溶いた塗料を筋掘りに流し込む様にしました。はみ出した部分は、模型用の細い綿棒で拭きとりました。
ぶどう色に黒(ジャーマングレー)は苦労の割に目立ちませんね(悲)


同じ木曽のキャブフォワード『酒井C4型 10tDL』と比較してみました。(酒井は乗工社です。)

006_20110930084117.jpg
004_20110930084059.jpg
005_20110930084108.jpg

ラジエター側のオーバーハングが長い分全長は長いのですが、断面積が圧倒的に小さいです。10t”クラス”?


模型映えする!とは思ってましたが、思ってた以上に格好良いぞ! この機関車。

繰り返しますが、日曜日よろしくお願いします。
スポンサーサイト
2011/09/30(金) 09:58 | コメント:2 | トラックバック:0 |
いよいよ日曜日は『第7回 軽便鉄道模型祭』です。


記念製品の『松岡10t DL』展示用作例は何とか間に合わす事が出来ます。
今年は、スケジュールがキツかった~!本当に。
あと1週間ありゃねぇ~”あそこ”の追加工作がねぇ~(少しだけ心残り・・・)

ほぼ工程通り進み、今晩窓セル貼ってワイパーを付けて完成です。


この機関車に合わせて作っていた『関電 人車』は棚上げになってしまいました・・・つくづくあと一週間・・・。

001_20110929090242.jpg
002_20110929090254.jpg
003_20110929090305.jpg

直線主体で構成された機関車とはいえ1枚の板でココまで出来ました。 

改造は一切無し! 手に入る物を使ってのデティールアップのみです。

KDを使う方は別ですが、朝顔カプラーの方は頑張ってキットの物を組み立てて下さい。実車のカプラーの雰囲気が良く出ています。


”板”という縛り?の中では最高レベルかなぁ~んて思ってます。 『アルモデル』の林さんの巧みな設計も回を追うごとに凄さが・・・。

正直、この塗装は大変ですが・・・(汗)

cjmさん渾身の組立説明書も注目!です。


去年の『プリムス』に比べるとプロトタイプ的には汎用性とか考えると弱いかなぁ~なんて思いますが、ある意味、『現時点で僕らにしかリリース出来ないスケール製品!』ですので皆さんよろしくお願いします。

2011/09/29(木) 09:58 | コメント:0 | トラックバック:0 |
世間一般は3連休ですので、『軽便祭り』に向けて工作の追い込みをされてる方も多いと思います。

しかし我社は連休とは無縁・・・決めた工程に合わせて少しづつ工作を進めるしかありません。 明日の日曜日は基本色(湘南オレンジ)の塗装は済ませたい!

そんな訳で(とりあえず)工作は終了とします。


004_20110924123300.jpg
002_20110924123226.jpg

前後のブレーキ管を実車通りの取り回しで追加しました。 KD用のカプラーポケットはキット付属の板で埋めて継ぎ目は綺麗に仕上げました。


バックミラーを3箇所追加しました。 

003_20110924123249.jpg

左右で形状を変えてみました。 
資料写真を見ると両方とも小判型という写真が多いのですが、今現在実車はこの様になっていますので、現役最末期にはこうなってたんだと思います(模型的にも面白いですし。)
ステーは、キット取付穴の0,5㎜下に新たに穴を開けこの様な取り回しにしました。

001_20110924123239.jpg

ラジエター側の連結面を写すミラーがこの位置に付いていました。
ステーの取り回しはこの写真通りです。 工作時の注意ですが、キットではこのミラーステーの位置だけポンチを入れられませんでした。一応キットにポンチを入れる希望は出したのですが曲げ筋との位置関係で難しいとの事でした。
ちなみに半田付けはとてもし辛い位置です(汗)


動力ユニットは、時間の関係で『アルパワー』を使う事にしました。

塗装も面倒臭そう・・・。

2011/09/24(土) 13:00 | コメント:2 | トラックバック:0 |
キャブには手摺を付けたドア部品を貼り、エンジンフードには排気管を立てました。排気管は『モデルワーゲン』の酒井用です。
排気管用の穴は、小さ目に開けて少しづつヤスリで拡げて排気管がギリギリ入る穴にします。面倒臭い気がしますが、半田付けする時の保持に苦労しないで済みます。

004_20110920185939.jpg
001_20110920185912.jpg



デティールアップ工作の一番の難関だと思うブレーキ管の追加工作をしました。

001_20110922120559.jpg
MWのロスト部品に0,5㎜の穴を開け、真鍮線を差します。差した真鍮線は長めにカットしておきます。


002_20110922120608.jpg
長い方のブレーキ管です。

短く切った0,8×0,5㎜細密パイプを被せ、その部分に0,5㎜の穴を開けて下側から線を差し、半田付けします。
台枠の上に載せ、現物合わせで各部を曲げます。 此方側は、最後にエアホースを半田付けします。

004_20110922120626.jpg
割りピンで5箇所止めます。

一番前寄りの割りピンがあらかじめ開けておいた下穴に入らなくて苦労しましたが何とか・・・。


003_20110922120617.jpg
そうそうカプラーですが、ロスト部品ではなくキットのを使う事にしました。

組立は面倒臭いのですが、やっぱしキットの方が良い感じです。



005_20110922120636.jpg
カプラーを半田付けして、エアホースを載っける様に曲げました。

KD用穴の塞ぎ板を半田付けして表面を整えました(未だ不十分ですね。)

 

今晩、ラジエター側のブレーキ管を取付ける予定です。 工作の最後にバックミラーを取付けて工作終了の予定です。








2011/09/22(木) 13:35 | コメント:2 | トラックバック:0 |
昨日の日曜日に上回りの組み立てを開始しました。


テールライト、全面通風ハッチは組む前に半田付けしました。


『アルモデル』さんのキットですから各部にホゾが入れられていますので組立は難しくはありません。

001_20110919113507.jpg

屋根のRは、かなり弱いです。 強くし過ぎない様に・・・

エンジンフードの曲げは、手摺を付けてしまうとちょっと面倒臭い。 バイスに咥えるトコを工夫しないと変なトコから曲がったりします(汗)


固定はしてませんが、台枠に載せてみました。

004_20110920110753.jpg
005_20110920110802.jpg
002_20110920110734.jpg
003_20110920110744.jpg


サイドパネル裾の通風口の位置が左右非対称なのも正確なリサーチの結果です。
2011/09/19(月) 12:20 | コメント:2 | トラックバック:0 |
昨晩も少しだけ・・・

下周りにパーツを取付けました。

003_20110919112754.jpg
004_20110919112805.jpg


キャブ側軸箱上の小ステップと、ランボード。 
台枠側面のボルトを片側2個ずつ追加。 ラジエター寄りの1個はモールドのままとしました。

ボルトだけで26個追加・・・(汗)

蹴込み用の長方形の穴は、キットの端材を使って裏から塞ぎます。



キャブの下拵えを進めます。

001_20110917124050.jpg

『高塚営林署』砲弾型ライトを半田付けして裏面は面一に。

キットには、『アルモデル』のソフトメタル製ライトを使う為のヘッドライトステーが入ってます。



『モデルワーゲン』さんからデティールアップ用のパーツが届きました。

002_20110919112738.jpg


円盤型のテールライト、標識灯、エアホース、カプラーです。


テールライトは、『井笠 客車』用のロスト部品。(『沼尻 キハ』用の挽き物が欲しかったんですが在庫切れ!でした。)円盤表面のデティール等をヤスリで削り落して使います。 クリアーレッドのレンズ部品が嬉しいです。

キットには、『アルモデル』のソフトメタル製テールライトを使う為の取付穴が開いてます。

標識灯は、『沼尻 DC12』用 ラジエターフードのテールライトの反対側に付けます。

エアーホースは、ブレーキ管との関係も有るし・・・どうやって使うか?思案中・・・です。

カプラーは、『酒井 3,5t』用 大きさ・実用的には良いと思いますが、細かい事言うと『松岡のカプラーには側面にリブが2本有る!』酒井には無い・・・。 キットにも板を重ねて組み上げるリブの入るカプラーが入ってますのでキットのカプラー使用を第一に考えてますが・・・。

デティールアップの参考になれば・・・。




2011/09/17(土) 13:56 | コメント:0 | トラックバック:0 |
昨日は、遅くまで会議・・・

何もせんで寝ちゃおうか?・・・

駄目です! その自分への甘さが。 


上回りは、デティールアップ部品の到着を待ってるんで下周りから組み始めました。 
002_20110916124126.jpg
001_20110916124033.jpg

組み易いです。相変わらず。
台枠の貼り合わせだけやって寝るか・・・なんて思ってたんですが前後の端梁部も組み合わせてしまいました。

ステップ周りは、多目の半田とコテを長めにあてて隅まで流し込みます。ボルト周りはシャープに!ステップの角はダルに!ってのが理想なんですが、もう一つかな・・・。



前面のコンセントも角線を半田付けしました。高さの調整と面出しは『コンさん』のブログを参考にして周囲を洋白板で囲ってヤスリで整えました。

003_20110916124142.jpg


『高塚営林署』機工課長 から砲弾型ライトが届きました。 キャブの前後で4個使います。
ちなみに高塚署最後の在庫! 手抜き工作は出来なくなりました(汗)

004_20110916145819.jpg


さぁ、今日は何処まで出来るか・・・?




2011/09/16(金) 15:35 | コメント:0 | トラックバック:0 |
組立は未だ出来ません。

昨日も、帰宅時間が遅かったんで『今日はココまでやる!』と決めたトコまでやりました。

手摺の半田付け。

004_20110915130857.jpg


前面の細工

003_20110915130843.jpg

通風口は、ハッチを少し開けて組もうと思っているので、一段下がったのりしろ部分を気持ち大きく拡げたり、右下のコンセント2個は、キットでは省略されて四角いモールドですが、たまたま手元に0,6㎜角の洋白線が有りましたので埋め込んで立体的に表現する事にしました。


前後端梁

002_20110915130836.jpg
001_20110915130823.jpg

『松岡 10t」』 は、キャブ側ステップが4段、エンジン側が3段となります。 
ステップの間に有るボルトですが、キットでは昨年の『プリムス』同様の凹表現です。 ここは、デティールアップしました。 毎度の『アドラーズネスト』製の切削製品を使いました。ボルトヘッドの大きさが0,7㎜の『S』サイズを使いました。
4段ステップの方は、上から2個・1個・1個・2個。3段の方は2個・1個・2個。 左右で22個・・・。心が折れそうになりました。

曲げて折って差し込んで・・・毎度の巧みな設計に感服!(写真はセロテープで仮止め。)

2011/09/15(木) 13:32 | コメント:0 | トラックバック:0 |
今年は大幅にスケジュールが押してしまった『第7回 軽便鉄道模型祭』の記念製品

日曜日の祭打合せの際、テストショットを1枚受け取りました。

まぁ、ブツの正式発表は済んでますのでブログの記事にしていこうと思います。


修正前のテストショットならではの”余計な工作”が必要になってますが、参考になれば幸いです。



今回も板1枚のキットです。

パッと見、細かいなぁ~なんて思いましたが、板からパーツを外して行くと・・・もしかしたら昨年の『プリムス』より組み易いかな?なんて思い始めてます。

001_20110914153745.jpg

外したパーツは、ゲート処理と同時に半田の流れる箇所はキサゲ刷毛で磨き一皮むいておきます。
手摺の穴等は、板の裏側にポンチマークが入ってますのでデティールアップのレベルに応じてあらかじめピンバイスで開口しておきます。
『松岡 10t』は手摺が多いのがちょいと憂鬱・・・

面倒な手摺はジグを作って0,3㎜の線材で曲げておきました。
ジグは、手摺穴を開口する時に適当な板厚の板を裏に重ねて開口しとけば同じピッチ穴のジグが出来ます。

002_20110914154240.jpg

手摺を穴に通して高さを揃える為の厚紙を挟みセロテープで仮止めしておき一気に半田を流して固定します(この手の工作が一番苦手で面倒臭い!)
表面に焦げた紙や、テープの糊が残りますがクレンザーで水洗すれば綺麗に落ちます。
2011/09/14(水) 17:04 | コメント:4 | トラックバック:0 |
定例報告は一日飛ばしましたが、工作は休まず続けていました。


左腕を作り終えて右腕の素を盛り付け・・・

001_20110907115155.jpg

硬化後ひたすら小さくしていきます(笑)
んで、こんな風になりました。

004_20110907115222.jpg
003_20110907115213.jpg

機関車と合わせますと・・・

005_20110907115230.jpg
002_20110907115205.jpg

足の高さは現状機関車のデッキとピタリ!合わせて作ってますが、ロストにする際の収縮はどうなんでしょうか?・・・
杉山さんに送らなければなりませんが、ちょっと気になってます。

2011/09/07(水) 12:02 | コメント:0 | トラックバック:0 |
今回の甚大な台風災害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

(南)関東の僕の周りでは被害らしい被害は耳に入って来ませんでした。
昨日の日曜日も、我が家の周りでは終日雨は降らず多くの方々が稲刈りに精を出されてました。 オイラはというと草刈機を背負わされ、裏の畑の草刈りをやらされました。 耳にipodを突っ込み最初の内は鼻歌交じりで右に左へスイングをしていたのですが、敵もさる者!強い!非常に頑強な抵抗をします。 最後の頃は腰が悲鳴を上げてきました・・・
泣きが入る直前に
『後はトラクターで出来るトコだから其処まででで良いよ~!』
という声が掛かり終了。

シャワーを浴びて自室に戻り、人形の続きです。
昨日は、台風のお陰で風が強く、窓の開け具合を調整すれば快適でした。窓際に座椅子を持って来て明るい自然光の下でナイフを動かしました。 

002_20110905162358.jpg
001_20110905162349.jpg

上半身と左脚の工作をほぼ終えた状態で、右脚の”素”を盛り付けておきました。
硬化後、いつもの様にカリコリと・・・。

004_20110905162446.jpg
003_20110905162414.jpg

今回も右脚かかとの突起を切除し忘れない様に注意します(汗)

左腕の素を盛り付けて硬化待ち~。


005_20110905162458.jpg

とりあえずこんな感じ。

もう少し、頑張る!

2011/09/05(月) 17:11 | コメント:1 | トラックバック:0 |
先日の人形を納めて

『やれ、やれ・・・。』

という事で、関電の人車を作り始めたのですが・・・


参考写真がメールで

『くりちゃんにお任せ・・・』

という文章と一緒に


どうも幾つかの理由(此方サイドの)で1週間で物にせんとならんらしい・・・


って事で、一昨日からしょぼつく目を擦りながら・・・

003_20110903131737.jpg

やっぱりココに立たせたいのね?

004_20110903131747.jpg
005_20110903131757.jpg

杉山ダージリンはデッキに手摺が無いんで、砂箱の上にドカッ!っと座らせたんだけどねぇ~。
(あまりこの事を指摘して次のロットから手摺が追加されても悲しかったり・・・)

まぁとにかく頑張る!
一週間で!
2011/09/03(土) 13:44 | コメント:6 | トラックバック:0 |
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。