プロフィール

まつお‐K

Author:まつお‐K
FC2ブログへようこそ!

 
貴重な日曜日でしたが、足尾にも行けず・・・
娘の歯医者(矯正)通院の付き添いを命じられたお陰で時間も削られ・・・
大した進展は有りませんが、少しでも進まんと終わらん!

動力装置の固定用に0.8mmの板材を切り出し、台枠の内側へ下から半田付けしました。 タップは、もう少し進んでから・・・多めの半田でしっかり接着しました。
001_20101122170628.jpg

排気管を付けました。
002_20101122170657.jpg
『成田ゆめ牧場』に有る保存機とは違い現役時代の特徴です。 エンジンフード横から出て床板を抜けキャブ側に添わせます。

先日来行方不明だった細かい部品が隣の部屋(何故?)から発見されましたので、後のライトを取り付けました。 部品は『モデルワーゲン』の協三(青森)用です。
003_20101122170910.jpg屋根はまだ固定してませんので角が出ています。

004_20101122170922.jpg
曲げが特徴的なオイルクーラーの配管です。工作は面倒臭い・・・曲げる時に指先に刺さるし・・・ラジエター表面には穴が開いちゃうし・・・(ううっ)

プロテクターをどうするか?
 
スポンサーサイト
2010/11/22(月) 17:37 | コメント:2 | トラックバック:0 |
ボチボチ仕事が忙しくなってきました・・・

「日曜日は、足尾行きてぇなぁ~・・・」

なんて妄想したりしてます。

酒井が中々進みません。
002_20101119151725.jpg
雨樋は、頑張って0,5mm線で曲げ直し、割りピンで留めました。
001_20101119151715.jpg
キャブ内の床板をエコーのスケール網目板で切り出しました。

動力は、『クラフト WB12-6,5』を用意してます。 
取付方法をcjm氏のブログを参考に検討しています。 氏のブログでは、キャブ内に動力ユニットのフランジ部がくるような搭載方法が記載されてますが、フランジを外せば問題無くエンジンフード内に収まる感じです。 カプラーの取付ベースもそのまま生かせそうだし、床板も切り欠かないで済み”フルキャブインテリア”で行けそうです!(でっち上げですが・・・)

とまぁ、歩みは遅いけど少しずつ前に進むつもりでしたが、トラブル発生!

①部品紛失!
ドア部品、後ライト、各Hゴム部品等を入れたチャック付きビニールの小袋が無い! 机の周辺を帰宅後二日に渡って捜索しましたが発見に至らず・・・

②オレンジの箱到着!
004_20101119151758.jpg
中身は、注文した車輛では有りません。今は未だ語るべきでない!何かが・・・

①は、また頼めば良い(悲) ②はねぇ~・・・ でも頑張る!


 
2010/11/19(金) 16:10 | コメント:2 | トラックバック:0 |
中々進みません(汗)

残っていた側も開口しました。(直線出てるか?ちょっと不安)

直接アタックに失敗した『ワールド工芸SC』はメールに切り替えました。 比較的古い『砂防酒井』ですが、ドア部品(Bシート)の在庫が有るとの返事を頂き、ドアレールと一体になってるドアを切り出しました。
002_20101112150041.jpg
モデルワーゲン等に比べると立体感の乏しいドアですが、この取っ手部分が捨て難く・・・。
画像 1317


001_20101112145949.jpg
こんな感じで塗装後ボンド貼りの予定。

003_20101112150056.jpg
後妻面に這わせる雨樋を曲げました。
画像 1330
もう少し太目の線を使いたいトコですが、曲げがタイトなんでこれ以上太い線は使えない感じです(ううっ)
消火器は家元原型のを(^^)

キャブ内の床板を網目板から切り出さんと・・・(^^;)
2010/11/12(金) 15:19 | コメント:0 | トラックバック:0 |
う~中々、浮上しきれん! 

そんな中ちょいと寄り道工作
001_20101110132858.jpg
とある仕掛機関車用のヘッドライトをこさえました。
ライト本体は、『林鉄自治会 お椀型』ステーは真鍮帯材からです。取付ボルト表現と取付ステーを兼ねて0.3mmの洋白線を長めに・・・色々訳が有ってボンド付けにしました。 
何に使う?→まぁその内・・・(^^)

砂防酒井は、ドア部の開口に思ったより苦戦してます(片側だけでヒ~コラ言ってます。)
002_20101110132911.jpg

インナーとアウターの接着が不十分だったり、内側の取付ステーが邪魔だったり・・・

接着が、不十分だったトコは、糸鋸の刃で引っ張られて反ってしまいました(ドアとかドアレールで隠れるんで仕上がりには影響無いと思いますが・・・) 反対側は注意せんと・・・
キャブインテリアをそれなりに作るとなれば、塗装も考えてビス止めにした方が良いかなぁ~という考えと、いつもの様に半田で付けてしまって屋根を取り外しにするか・・・ 未だに纏まらず(汗) ステーを折り飛ばしてしまわん様に切るのは大変です。

後妻面の大き目の手摺は0.3mmの洋白線に変更、手摺の内側にクランク状に曲がった雨樋が付きます。取付穴でか杉だろぉ~。 コイツの半田付けも面倒臭そう~(ううっ)
2010/11/10(水) 14:38 | コメント:4 | トラックバック:0 |
キャブの組立てに入りました。

と言っても、ワールド工芸さんの構造ですから、大した工作では有りません。 インナーとアウターを半田を流して接着し強度を確保するのと、前妻に塗装後貼り付ける様になっているHゴム部品を半田で接着してしまいました(正直、疑問が残るパーツ割だと思うんですが・・・面相筆で色を差す方が良いと思います。)
後妻の窓枠は、断面各面にヤスリをあてエッチングの段差を目立たなくさせた上で接着しました。
003_20101108153348.jpg
スッキリとして良い感じです。

001_20101108153330.jpg
ラジエター前に付くオイルクーラーも貼り合わせて窓枠と同じ様にヤスリをあてておきます。差し込むステーは別として変なラグ板みたいなのは切除して線材で配管を追加する予定です。
画像 1320


問題は、キャブドア周り。
002_20101108153340.jpg
立体感は乏しいのですが、キットの物を生かしたい・・・

1)前後逆に半田付けすればドアを開けた状態と同じ様になるんですが、塗装と窓入れとかに問題有り。ボンド付けでは、ドアレールの強度が・・・。

2)モデルワーゲンの酒井5t用のドアレールは、若干短い・・・

んで、

もう1輛分のドア部品を確保出来れば、ドアレールとドアと切り分けて作れる!

となって、昨日東大宮の『ワールド工芸SC』へ車で向かいました。 日曜日は10時からのオープンとの事なんで9時に家を出て、10時30分頃現地到着! 場所は迷わずすぐに分ったのですが、店の明かりが点いていない気が・・・???

店の引き戸には

『本日は都合により2時から営業します。』

え~~~!凄~いショック!

流石に3時間30分は待てんでしょう・・・(お願いしますよ~っ! って感じ)
SCの場所が解っただけでもヨシ!とは全然思えん!

MWのドアレールを使って何とか細工する事にします。
ドア部を、糸鋸で開口します・・・(面倒臭ぇ~)

後妻には、手摺と雨樋等が付きデティール豊かですが、薄板細工のキットですからこれまた面倒臭ぇ~。

 
2010/11/08(月) 16:24 | コメント:3 | トラックバック:0 |
木曽詣で以来、相も変わらずバタバタとした毎日を送っています。

そんな中でしたが、先日行われた『鉄模連ショー』には行ってきました。台風接近の中! 

『軽便祭』の時に杉山模型のご主人から招待券を頂きましたし、ショー見学後、楽しい集まりの連絡が入り・・・
ワールド工芸で限定MCのキットを1個買った以外は、細々とした部品を漁った程度でメインイベントに備えました。

杉山さんのブースでは、例の動力を使ったロコ達が元気に走り回っていました(完成品も有ったそうです。) 卓上の運転台上には僕が原型をこさえた運転手人形が3種類置かれて(売られて)いたので、指をさしながら、

「宣伝して頂いて有難う御座います。」

と言ったら

「えっ、コレあなたが作ったの? 誰が作ったのか誰も教えてくれなかったのよ~」

と奥さん。

『えっ、知られてなかったの?』

その後、ご主人ともお話させて頂いて・・・。


イベント後の集会場所は、鶴見! 初めて行く土地です(大袈裟) 丸っきり土地勘が無いんで、京急鶴見の改札でオノデラさんが待ってて下さいました(感謝)
お陰様で楽しい時間を過ごしました。酒量もかなり・・・(汗)

精力的に工作をされてる方からパワーを頂けた様です。 
まずは、大量に発生させている仕掛品から何とかしないといけません。 机の周りには、箱入り・出しっ放し含めて大量に・・・(その内、部品も無くなるわな・・・)

どこぞのブログでは、『もうじき浮上・・・』とか・・・

オイラは一足先に浮上するぞ~!

001_20101105155413.jpg

まずは、コイツから!

2010/11/05(金) 16:39 | コメント:4 | トラックバック:0 |
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード