FC2ブログ
プロフィール

まつお‐K

Author:まつお‐K
FC2ブログへようこそ!

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
今年のエッチング板にも、オマケ部品を入れました。

去年の『酒井3.5t』用のOP部品として、image2_20180928103511f12.jpg
image3_2018092810352754f.jpg
山崎営林署 音水 に居たタイプに出来るキャブ周りの部品。
ココの機関車達は、突放追突対策のプロテクターが特徴です。
去年の酒井、売れた割に作った方があまりいらっしゃらない印象です。このオマケ部品で3択から4択になりますぞ!

それと、細かい部品ですが、運材貨車のブレーキクランクを2組4本。image4_20180928103548d8f.jpg
アールクラフトさんやトーマモデルワークスさんのプラ貨車、我らがKondoura近藤さんのプリント貨車の欠損し易いブレーキクランクの置き換えに。

まぁ、そんなトコで。

それでは、皆様よろしくお願いします。
スポンサーサイト
2018/09/28(金) 12:38 | コメント:0 | トラックバック:0 |
組立見本の塗装色は、現在の保存機に倣いました。

image1_2018092809060743d.jpg
image2_20180928090627e49.jpg
image5_20180928090749ef0.jpg
image3_20180928090646959.jpg
車体色はクレオスの『ライトブルー』。
前面のバンパー等ははガイアノーツの『フラットブラック』。
ボンネット周りの黄色は、『黄柑色』+『西武線イエロー』。

いずれも、入手し易いプラモデル用の所謂ラッカー系塗料です。

現役時代の明確な塗装色は解りませんでした。
屋久島の『宮之浦』に入った2輌は、『薄い青と緑だった。』と営林署OBの方。
保存直後の色は、『ライトブルーで塗り替えられて無い筈。』と保存機を見に行かれた方。

イメージを膨らませて色を決めてみるのも楽しいと思います。

時間の関係で完成まで行けませんでしたが、製品版をデティールアップした物を紹介しておきます。image4_20180928090701789.jpg
image1_20180928103453b06.jpg

設計・製造のアルモデルさんには、色々と無理・難題を吹っ掛けましたが、見事に解決して頂き満足できる物になりました。

ほんと、板で作って良かったー!

って事で、『熊本・内大臣の野村式DL』終了です。
2018/09/28(金) 11:16 | コメント:0 | トラックバック:0 |
屋根板が上手く曲がればボンネットとキャブを一体にしてしまいます。
ラジエターは。ボンド付けです。

後のライトは、窓上のヒサシ部中央に穴が開いていますので、ライトのステーを差し込んで好みのライトを取付ます。image1_201809271429469a6.jpg
ラジエタープロテクターは、上回りを合体させた後に、床板最前部の取付穴に差します。ラジエターに線材を差した場合は、線材の飛び出しをプロテクターが真っ直ぐ立つように削って調整します。

今回の板ではキャブ内のインテリアも再現しました。
椅子は写真の様に曲げて、後妻板の穴に内側から差し込みます。image2_20180927141704102.jpg

上底になっている床板は折筋に従って曲げて台枠床板上のホゾ穴に差し込みます。image1_20180927141840010.jpg
シフトレバーは動力側にボンド付け。写真を参考にして下さい。
メーターパネルの穴に真鍮線(0.4㎜前後)を差してブレーキホイルを取付ます。

キャブインテリア関係は、全て塗装後ボンド付けで良いと思います。

これで組立は終了。image4_20180927113840e61.jpg
image1_20180927143452112.jpg

保存機は無くなってしまってますが、ドア部品も入ってます。image1_201809271416377fd.jpg


後は塗装です。
2018/09/27(木) 15:12 | コメント:0 | トラックバック:0 |
屋根の工作です。

今回の板は、微妙~なR曲げ等感覚に頼る的な曖昧な工作は殆ど無いのですが、屋根板だけは、やはり自分で曲げなければなりません。ただ、屋根の形状が切り妻に近いのと、かまぼこ状というより天板のRが小さいホッチキスの針に近い形状ですので、工作は楽です。念の為、予備も一枚入れました。

部品です。image1_201809271249225d5.jpg
屋根板本体は微妙~に角度が違います。尖ってる方が前側になります(写真が斜めからなので解り辛いです。)
僕は写真の様に鉛筆でアタリを付け目玉クリップで咥えて曲げました。image2_20180927124941dd9.jpg
エッチング板のランナーにジグが有りますので、都度確認します。

妻板が幅の目安になります。妻板の底から1.5㎜程度のトコを咥えて、軽く”く”の字に折り曲げておきます。image1_201809271137370ee.jpg
半田付けは中央で仮付けして幅や、角度等を確認して合わせ目に半田をたっぷり流します。

後は、ジグに合わせて全体を薄く削ります。(思ってる以上に薄く削ります。)image2_20180927113805035.jpg

出来上がった屋根は、半田付けではなくエポキシ系ボンドでの接着が良いと思います。image3_201809271138219ac.jpg
2018/09/27(木) 13:24 | コメント:0 | トラックバック:0 |
キャブの組立です。
(写真は、試作①②等混ざってますがご容赦下さい。)

部品一覧です。image1_201809260925378ef.jpg
形態が形態なので、各部品が繊細です。箱にするまでは注意して下さい。

側板の構成です。image2_2018092609255690a.jpg
ドア前部分は、一旦折り重ねて後部分に重ねて1枚にします。ホゾ組みなので難しくは無いと思いますが、ピラー部等繊細な箇所が有るので、指先で曲げずに。ヤットコやプライヤー等で咥えて曲げた方が良いと思います。
ドア開口部に手摺を追加してデティールアップする場合は、側板組立後、裏ポンチマークに従って0.3㎜のドリルで開口して線材を差します。(部品状態の時にあらかじめ開口すると窓周りの部分が千切れてしまう可能性が高いです。)

前面と後面の窓ですが、実車写真を見ると、少しだけ開いてるのが多く見られます。今回の板ではどちらかというと窓を開けた状態をデフォに考えました。部品を確認して頂き、開けて組む場合はカッターナイフ等薄刃の物で窓の側面と下面の繋がってる箇所の溝をなぞる様に切り離して下さい。下面を押し出して任意の角度に曲げ、上面には溝に半田を流して補強しておきます。
窓を開けない場合は、溝全体に部品裏面から半田を流して固定します。

妻板・天板は一枚の板になっていますので、側板をガイドにして曲げ角度を決め、ホゾに従って組立ます。
前面向かって左側の小扉は開けて組んでも面白いと思います。

キャブ後部には、水タンクやボックスが付きます。
部品です。image3_20180926092626811.jpgimage4_2018092609264674f.jpg

先に下部のボックス部、折筋やホゾに従って曲げて妻面に取付け(キャブ内側に出た部分も折筋に合わせて曲げておきます。)、image5_20180926092702183.jpg
水タンクを取付けて、image6_20180926092717a0a.jpg
キャブ本体は完成です。
2018/09/26(水) 10:14 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。